>   論語   >   泰伯第八   >   21

論語 泰伯第八 21

08-21 子曰。禹吾無間然矣。菲飮食。而致孝乎鬼神。惡衣服。而致美乎黻冕。卑宮室。而盡力乎溝洫。禹吾無間然矣。
いわく、われ間然かんぜんすることし。飲食いんしょくうすくして、こう鬼神きしんいたし、衣服いふくしくして、黻冕ふつべんいたし、宮室きゅうしつひくくしてちから溝洫こうきょくくす。われ間然かんぜんすることし。
  • 禹 … 古代の伝説上の聖天子。舜から譲位を受け皇帝となった。夏王朝の開祖。ウィキペディア【禹】参照。
  • 間然 … 欠点を指摘して非難すること。「間」は、すきま。新注には「間は、げきなり。其の罅隙を指して之を非議するを謂うなり」(間、罅隙也。謂指其罅隙而非議之也)とある。
  • 菲 … 薄くする。新注には「菲は、薄なり」(菲、薄也)とある。
  • 致孝乎鬼神 … 祖先の祭祀を盛大にする。「乎」は「於」と同じ。新注には「孝を鬼神に致すは、享祀豊潔なるを謂う」(致孝鬼神、謂享祀豐潔)とある。
  • 衣服 … 日常の衣服。新注には「衣服は、常服」(衣服、常服)とある。
  • 黻冕 … 祭服。新注には「黻は、膝をおおうなり。韋を以て之を為る。冕は、冠なり。皆な祭服なり」(黻、蔽膝也。以韋爲之。冕、冠也。皆祭服也)とある。「韋」は、なめし皮。
  • 宮室 … ここでは宮殿の意ではなく、単に自分の居室の意。
  • 卑 … 粗末にする。
  • 溝洫 … 田の間にある水路。新注には「溝洫は、田間の水道、以て疆界を正し、かんりょうに備うる者なり」(溝洫、田間水道、以正疆界、備旱潦者也)とある。「旱潦」は、ひでりと大雨。
  • 下村湖人(1884~1955)は「先師がいわれた。禹は王者として完全無欠だ。自分の飲食をうすくしてあつく農耕の神を祭り、自分の衣服を粗末にして祭服を美しくし、自分の宮室を質素にして灌漑水路に力をつくした。禹は王者として完全無欠だ」と訳している(現代訳論語)。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十