>   論語   >   里仁第四   >   2

里仁第四 2 子曰不仁者不可以久處約也章

068(04-02)
子曰。不仁者。不可以久處約。不可以長處樂。仁者安仁。知者利仁。
わく、不仁者ふじんしゃもっひさしくやくるべからず。もっながらくるべからず。仁者じんしゃじんやすんじ、しゃじんす。
現代語訳
  • 先生 ――「俗物は貧乏にたえられないし、安楽も長つづきせぬ。人物は心を乱さず、チエ者はくふうする。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がいわれた。――
    「不仁な人間は、長く逆境に身を処することもできないし、また長く順境に身を処することもできない。それができるのは仁者と知者であるが、仁者はどんな境遇にあっても、仁そのものに安んずるがゆえにみだれないし、知者は仁の価値を知って努力するがゆえにみだれない」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 不仁者 … 私欲だけで仁徳のない者。
  • 約 … 貧困。窮乏生活。
  • 楽 … 富貴。豊かな生活。
  • 安仁 … 仁に安住する。
  • 利仁 … 仁を利用する。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十