>   論語   >   述而第七   >   17

述而第七 17 子所雅言詩書章

164(07-17)
〔集解〕 子所雅言、詩書。執禮皆雅言也。
〔集注〕 子所雅言、詩書執禮。皆雅言也。
〔集解〕 げんするところは、しょれいるもみなげんなり。
〔集注〕 つねところは、しょ執礼しつれいみなつねうなり。
現代語訳
  • 先生のいつもいわれるのは、詩と、歴史と、お作法。これはいつもいわれた。(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 孔子様が常に語られたところは、詩と歴史と実践礼じっせんれい、これらを常に言われた。(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 先師が毎日語られることは、詩・書・執礼の三つである。この三つだけは実際毎日語られる。(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • この章は、句読の切り方に二説あり、古注では「執礼」を下句に付けて訓読する。新注では上句に付けて訓読する。上記の「現代語訳」はすべて新注に従っている。宮崎市定は古注に従い、「孔子が標準語を用いて誦するのは詩經と書經とである。なお禮を執行する間の言語も標準語であった」と訳している(『論語の新研究』231頁)。
  • 雅言 … 古注では「標準語」「正しい発音」「正しい読み方」と解釈している。新注では「雅」を「常に」と解釈している。
  • 詩 … 『詩経(毛詩)』。ウィキペディア【詩経】参照。
  • 書 … 『書経(尚書)』。ウィキペディア【書経】参照。
  • 執礼 … 礼を執り行うこと。
補説
  • 所雅言 … 『集解』に引く孔安国の注に「雅言は、正言なり」(雅言、正言也)とある。『論語集解』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。また『義疏』に「子は、孔子なり。雅は、正なり。孔子平生書を読むに、皆之を正言するを謂う。私に避諱する所を為さざるなり」(子、孔子也。雅、正也。謂孔子平生讀書、皆正言之。不爲私所避諱也)とある。『論語義疏』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。また『集注』に「雅は、常なり」(雅、常也)とある。『論語集注』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 詩書。執禮皆雅言也 … 『集解』に引く鄭玄の注に「先王の典法を読むに、必ず其の音を正言し、然る後に義全し。故にむ所有る可からざるなり。礼は誦せず、故に執と言うなり」(讀先王典法、必正言其音、然後義全。故不可有所諱也。禮不誦、故言執也)とある。また『義疏』に「此は是れ諱まざる所の書なり。詩及び書・礼は、皆之を正言するなり。六籍は皆正言す。独り詩・書・礼のみを云えるは、一隅を挙げて余の三隅反す可きなり」(此是所不諱之書也。詩及書禮、皆正言之也。六籍皆正言。獨云詩書禮者、舉一隅餘三隅可反也)とある。また『集注』に「執は、守なり。詩は、以て情性をおさめ、書は、以て政事をい、礼は、以て節文をつつしむ。皆日用の実に切なり。故に常に之を言う。礼の独り執と言うは、人の執り守る所を以て言う。ただに誦説するのみに非ざるなり」(執、守也。詩、以理情性、書、以道政事、禮、以謹節文。皆切於日用之實。故常言之。禮獨言執者、以人所執守而言。非徒誦説而已也)とある。
  • 『集注』に引く程顥の注に「孔子の雅素の言、かくの如くに止まる。性と天道との若きは、則ち得て聞く可からざる者有り。要は黙して之を識るに在るなり」(孔子雅素之言、止於如此。若性與天道、則有不可得而聞者。要在默而識之也)とある。
  • 『集注』に引く謝良佐の注に「此れ易を学ぶの語に因りて之を類記す」(此因學易之語而類記之)とある。
  • 伊藤仁斎『論語古義』に「詩は以て情性をい、書は以て政事を道う。皆人倫日用の実に切なり。故に常に之を言う。若し礼を守りてかわらざる者有れば、則ち未だ必ずしも先王の典に出でずと雖も、亦た皆常に之を言う。……若し夫れ仏老の学は、世を離れ俗を絶ち専ら高遠を事として、天下に通ずること能わざる所以の者は、実に詩書の理に達せざる故なり。而して後世の儒者、亦た詩を誦し書を読むことを知ると雖も、然れども之を求むること甚だ艱深に過ぎて、之を平易近情に求むることを知らず」(詩以道情性、書以道政事。皆切於人倫日用之實。故常言之。若有守禮不渝者、則雖未必出於先王之典、亦皆常言之。……若夫佛老之學、所以離世絶俗專事高遠、而不能通乎天下者、實不達詩書之理故也。而後世儒者、亦雖知誦詩讀書、然求之甚過艱深、而不知求之於平易近情)とある。『論語古義』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 荻生徂徠『論語徴』に「孔安国曰く、雅言は、正言なり、と。鄭玄曰く、先王の典法を読むときは、必ず其の音を正言して、然うして後義全し、故にむ所有る可からず、と。是れ曲礼の詩・書には諱まずと合す。いみなを避けざるを謂うなり。……是れ古え礼を教うるの官を称して執礼とす。言うこころはただに孔子のみならず、凡そ執礼の者は皆雅言すと、此れを以て上句を証するなり。註に、礼は誦せず、故に執と言う、と。已に其の義を失せり。朱註に雅をつねと訓ずるは、非なり。雅と常は少しく殊なり。……仁斎先生は執礼を解しておもえらく、若し礼を守ってかわらざる者有るときは、則ち未だ必ずしも先王の典に出でずと雖も、亦た皆常に之を言う、と。牽強することの甚だしと謂う可し」(孔安國曰、雅言、正言也。鄭玄曰、讀先王典法、必正言其音、然後義全、故不可有所諱。是與曲禮詩書不諱合。謂不避諱也。……是古稱教禮之官爲執禮。言不啻孔子、凡執禮者皆雅言、以此証上句也。何註、禮不誦、故言執。已失其義矣。朱註雅訓常、非也。雅常少殊。……仁齋先生解執禮謂若有守禮不渝者、則雖未必出於先王之典、亦皆常言之。可謂牽強之甚)とある。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十