>   論語   >   里仁第四   >   16

里仁第四 16 子曰君子喩於義章

082(04-16)
子曰。君子喩於義。小人喩於利。
いわく、くんさとり、しょうじんさとる。
現代語訳
  • 先生 ――「道理がピンとくる人と、利益がピンとくる人。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 孔子様がおっしゃるよう、「君子は万事を道義に持っていく。小人は一切いっさいを利益に結びつける。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 先師がいわれた。――
    「君子は万事を道義に照らして会得するが、小人は万事を利害から割出して会得する」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 喩 … 理解する。敏感である。
  • 義 … 正義。正しい道理。
  • 利 … 利益。損得。
  • 君子・小人 … 従来は君子と小人との定義として訳されてきたが、宮崎市定は「君子という言葉を二人称に訳さないと意味の通らない場合が実際にある」とし、「諸君は正義に敏感であってほしい。利益には鈍感な方がよい」と訳している。『論語の新研究』137頁以下参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十