>   論語   >   雍也第六   >   18

雍也第六 18 子曰知之者章

137(06-18)
子曰。知之者不如好之者。好之者不如樂之者。
いわく、これものこれこのものかず。これこのものこれたのしむものかず。
現代語訳
  • 先生 ――「知っているより、すきであるのがまし。すきであるより、心たのしいのがまし。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がいわれた。――
    「真理を知る者は真理を好む者に及ばない。真理を好む者は真理を楽しむ者に及ばない」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 之 … 具体的に指示するものはない。
  • 知 … 存在を知る。
  • 「~不如…」 … 「~は…にしかず」と読み、「~は…に及ばない」「~より…の方がよい」と訳す。
  • 好 … 対象に対して特別な感情をいだく。好きになる。
  • 楽 … 対象と自己とが一体となり、完全に融合すること。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十