>   論語   >   里仁第四   >   15

里仁第四 15 子曰參乎章

081(04-15)
子曰、參乎、吾道一以貫之。曾子曰、唯。子出。門人問曰、何謂也。曾子曰、夫子之道、忠恕而已矣。
いわく、しんや、みちいつもっこれつらぬく。そういわく、ず。門人もんじんいていわく、なんいいぞや。そういわく、ふうみちは、ちゅうじょのみ。
現代語訳
  • 先生 ――「参(シン)くん、わしの道はひとすじじゃよ。」曽(ソウ)先生の返事 ―― 「ええ。」あとで、弟子たちがたずねる、「あの意味は…。」曽先生 ――「先生の道とは、『思いやり』なんだ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 孔子様がそうに呼びかけて、「しんよ、わしがきかつ行う道には、一貫した原理があるぞよ。」と言われた。曾子は「はい」と答えた。ほかの門人たちには何の事かわからなかったので、先生が出かけられたのち、曾子に向かって、「さっきのは何の意味ですか」とたずねたところ、曾子が言うよう、「先生の道は結局ちゅうじょすなわち誠実と思いやりのみ。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 先師がいわれた。――
    しんよ、私の道はただ一つの原理で貫かれているのだ」
    曾先生がこたえられた。――
    「さようでございます」
    先師はそういって室を出て行かれた。すると、ほかの門人たちが曾先生にたずねた。――
    「今のはなんのことでしょう」
    曾先生はこたえていわれた。――
    「先生の道は忠恕ちゅうじょの一語につきるのです」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 参 … 曾子の名。「しん」と読み、「さん」とは読まない。
  • 乎 … 呼びかけに用いて「や」と読む。「~よ」と訳す。
  • 一以貫之 … 「之」は「一」を強めるための語助の辞。故事成語【一以て之を貫く】参照。
  • 曾子 … 姓はそう、名はしんあざな子輿しよ。魯の人。孔子より四十六歳年少の門人。『孝経』を著した。ウィキペディア【曾子】参照。
  • 唯 … 「い」と読む。目上の人に対し、「はい」と答える丁寧な返事。
  • 門人 … 孔子の他の門人たち。曾子の門人という説もあるが、ここではとらない。
  • 何謂也 … 疑問の形。どういう意味ですか。
  • 夫子 … 賢者・先生・年長者を呼ぶ尊称。ここでは孔子の弟子たちが孔子を呼ぶ尊称。
  • 忠恕 … 真心と思いやり。
  • 而已矣 … 「のみ」と読む。強い断定の意を示す。「而已のみ」をさらに強調した言い方。「…だけだ」「他にはない、ただこれだけだ」の意。「而已焉」「而已耳」も同じ。
補説
  • 参乎 … 『義疏』に「曾子の名を呼びて之にげんと欲す。参は、曾子の名なり」(呼曾子名欲語之。參、曾子名也)とある。『論語義疏』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。また『集注』に「参やとは、曾子の名を呼びて之に告ぐ」(參乎者、呼曾子之名而告之)とある。『論語集注』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 吾道一以貫之 … 『義疏』に「曾子に語る所の言なり。道とは、孔子の道なり。貫は、猶お統のごときなり。譬えば縄を以て物を穿ち、貫統すること有るが如きなり。孔子曾子に語げて曰く、吾が教化の道は、唯だ一道を用いて以て天下の万理を貫統するなり。故に王弼おうひつ曰く、貫は、猶お統のごときなり。夫れ事に帰する有り。理に会する有り。故に其の帰を得れば、事殷大いんだいなりと雖も、一名を以て挙ぐ可く、其の会をぶ。理博しと雖も至約を以て窮す可きなり。譬えば猶お君民を御するに、一を執り衆を統ぶるの道を以てするがごときなり」(所語曾子之言也。道者、孔子之道也。貫、猶統也。譬如以繩穿物、有貫統也。孔子語曾子曰、吾教化之道、唯用一道以貫統天下萬理也。故王弼曰、貫、猶統也。夫事有歸。理有會。故得其歸、事雖殷大、可以一名舉、總其會。理雖博可以至約窮也。譬猶以君御民、執一統衆之道也)とある。殷大は、盛んで大きい。盛大。また『注疏』に「言うこころは我行う所の道、唯だ一理を用いて、以て天下万事の理をぶるなり」(言我所行之道、唯用一理、以統天下萬事之理也)とある。『論語注疏』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。また『集注』に「貫は、通なり」(貫、通也)とある。
  • 一以貫之 … 『義疏』では「一以貫之哉」に作る。
  • 曾子 … 『孔子家語』七十二弟子解に「曾参は南武城の人、あざなは子輿。孔子よりわかきこと四十六歳。志孝道に存す。故に孔子之に因りて以て孝経を作る」(曾參南武城人、字子輿。少孔子四十六歳。志存孝道。故孔子因之以作孝經)とある。ウィキソース「孔子家語/卷九」参照。また『史記』仲尼弟子列伝に「曾参は南武城の人。字は子輿。孔子より少きこと四十六歳。孔子以為おもえらく能く孝道に通ずと。故に之に業を授け、孝経を作る。魯に死せり」(曾參南武城人。字子輿。少孔子四十六歳。孔子以爲能通孝道。故授之業、作孝經。死於魯)とある。ウィキソース「史記/卷067」参照。
  • 曾子曰、唯 … 『集解』に引く孔安国の注に「ただちにさとりて問わず。故に答えて唯と曰うなり」(直曉不問。故荅曰唯也)とある。『論語集解』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。また『義疏』に「唯は、猶お今のこれに応ずるがごときなり。曾子は孔子の言をさとる。故に直ちにこれに応ずるのみ、諮問せざるなり」(唯、猶今應爾也。曾子曉孔子言。故直應爾而已、不諮問也)とある。また『集注』に「唯とは、応ずるの速やかにして疑い無き者なり。聖人の心は、渾然一理にして、ひろく応じつぶさに当たり、用各〻同じからず。曾子其の用処に於いて、蓋し已に事に随い精察してつとめて之を行えども、但だ未だ其の体の一なるを知らざるのみ。夫子其の真に積み力むること久しくして、将に得る所有らんとするを知る。ここを以て呼びて之に告ぐ。曾子果たして能く其の指を黙契もっけいす。即ち応ずるの速やかにして疑い無きなり」(唯者、應之速而無疑者也。聖人之心、渾然一理、而泛應曲當、用各不同。曾子於其用處、蓋已隨事精察而力行之、但未知其體之一爾。夫子知其眞積力久、將有所得。是以呼而告之。曾子果能默契其指。即應之速而無疑也)とある。
  • 子出 … 『義疏』に「当に是れ孔子曾子の処に往きて、曾子の答えを得。竟わり後にして孔子戸を出でて去る」(當是孔子往曾子處、得曾子荅。竟後而孔子出戸去)とある。
  • 門人問曰、何謂也 … 『義疏』に「門人は、曾子の弟子なり。孔子の言を解せず。故に曾子に問うなり」(門人、曾子弟子也。不解孔子之言。故問於曾子也)とある。
  • 夫子之道、忠恕而已矣 … 『義疏』に「曾子弟子に答うるなり。孔子の道を釈するなり。忠は、中心を尽くすを謂うなり。恕は、我を忖して以て人をはかるを謂うなり。言うこころは孔子の道は、更に他の法無し。故に忠恕の心を用て、己を以て物を測れば、則ち万物の理、皆窮験す可きなり」(曾子荅弟子也。釋於孔子之道也。忠、謂盡中心也。恕、謂忖我以度於人也。言孔子之道、更無他法。故用忠恕之心、以己測物、則萬物之理、皆可窮驗也)とある。また『注疏』に「言うこころは夫子の道は、唯だ忠恕の一理を以て、以て天下万事の理をぶ。更に他の法無し。故に而巳矣と云う」(言夫子之道、唯以忠恕一理、以統天下萬事之理。更無他法。故云而巳矣)とある。また『集注』に「己を尽くすを之れ忠と謂い、己を推すを之れ恕と謂う。而已矣は、竭尽けつじんして余り無きの辞なり」(盡己之謂忠、推己之謂恕。而已矣者、竭盡而無餘之辭也)とある。
  • 『集注』に「夫子の一理は渾然としてひろく応じつぶさに当たる。譬えば則ち天地の至誠むこと無くして、万物各〻其の所を得るなり。此れより外、もとより余法無くして、亦た推すを待つこと無し。曾子此を見ること有りて、之を言い難し。故に学者の己を尽くし己を推すの目を借りて、以て之を著明にす。人のさとり易からんことを欲するなり。蓋し至誠息む無き者は、道の体なり。万殊の一本なる所以なり。万物各〻其の所を得る者は、道の用なり。一本の万殊なる所以なり。此を以て之を観れば、いつ以て之を貫くの実見る可し。或ひと曰く、中心を忠と為し、如心を恕と為す、と。義に於いて亦た通ず」(夫子之一理渾然而泛應曲當。譬則天地之至誠無息、而萬物各得其所也。自此之外、固無餘法、而亦無待於推矣。曾子有見於此、而難言之。故借學者盡己推己之目、以著明之。欲人之易曉也。蓋至誠無息者、道之體也。萬殊之所以一本也。萬物各得其所者、道之用也。一本之所以萬殊也。以此觀之、一以貫之之實可見矣。或曰、中心爲忠、如心爲恕。於義亦通)とある。
  • 『集注』に引く程顥の注に「己を以て物に及ぼすは仁なり。己を推して物に及ぼすは恕なり。道をること遠からざるは是れなり。忠恕一以て之を貫く。忠は天道、恕は人道なり。忠は無妄、恕は忠を行う所以なり。忠は体、恕は用なり。大本達道なり。此れ道を違ること遠からずと異なるは、動くに天を以てするのみ」(以己及物仁也。推己及物恕也。違道不遠是也。忠恕一以貫之。忠者天道、恕者人道。忠者無妄、恕者所以行乎忠也。忠者體、恕者用。大本達道也。此與違道不遠異者、動以天爾)とある。
  • 『集注』に引く程頤の注に「維れ天の命、於穆ああぼくとして已まずは、忠なり。乾道変化して、各〻性命を正すは、恕なり」(維天之命、於穆不已、忠也。乾道變化、各正性命、恕也)とある。
  • 『集注』に引く程頤の注に「聖人の人に教うるは、各〻其の才に因る。吾が道一以て之を貫くは、惟だ曾子のみ能く此に達すと為す。孔子の之に告ぐる所以なり。曾子の門人に告げて、夫子の道、忠恕のみと曰えるも、亦た猶お夫子の曾子に告ぐるがごときなり。中庸の所謂忠恕道を違ること遠からずは、れ乃ち下学して上達すの義なり」(聖人教人、各因其才。吾道一以貫之、惟曾子爲能達此。孔子所以告之也。曾子告門人曰、夫子之道、忠恕而已矣、亦猶夫子之告曾子也。中庸所謂忠恕違道不遠、斯乃下學上達之義)とある。
  • 伊藤仁斎『論語古義』に「論に曰く、聖人の道は、りん綱常の間に過ぎずして、人をすくうを大なりと為す。故に曾子は忠恕を以て、夫子の一以て之を貫くの旨を発揮す。嗚呼聖人の道を伝えて、之を後学に告げ、其の旨明らかにして且つ尽くせり。……先儒以為おもえらく、夫子の心は、一理渾然として、泛応曲当す。惟だ曾子此に見ること有りて、学者の能くあずかり知る所に非ざるなり。故に学者忠恕の目を借りて、以て一貫の旨をさとすと。豈に然らんや」(論曰、聖人之道、不過彝倫綱常之間、而濟人爲大。故曾子以忠恕、發揮夫子一以貫之之旨。嗚呼傳聖人之道、而告之後學、其旨明且盡矣。……先儒以爲、夫子之心、一理渾然、而泛應曲當。惟曾子有見於此、而非學者之所能與知也。故借學者忠恕之目、以曉一貫之旨。豈然乎哉)とある。『論語古義』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 荻生徂徠『論語徴』に「吾が道とは、先王の道なり。先王の道は、孔子の由る所、故に吾が道と曰う。……大氐たいてい宋世は禅学甚だ盛んなりき。……儒者は心に之をうらやむ。……遂に孔門の一貫を以て、大小の大事とし、曾子の唯は、即ちしょうしょうなりとす。豈に児戯じぎならずや。……先王の道は、先王民を安んぜんが為に之を立つ。故に其の道仁なる者有り、智なる者有り、義なる者有り、勇なる者有り、倹なる者有り、恭なる者有り、しんなる者有り、人なる者有り、自然に似たる者有り、に似たる者有り、もとなる者有り、末なる者有り、近き者有り、遠き者有り、礼有り、がく有り、兵有り、刑有り、制度うん、一を以て尽くす可からず、紛雑ふんざつとして得て究む可からず。故に之になづけて文と曰う。……仁に依れば、則ち先王の道、以て之をかんす可し。故にいつと曰わずして、而うして一以て之を貫すと曰う。これせんきょうとにたとう。仁は、繦なり。先王の道は、銭なり。銭は即ち繦なりと謂って可ならんや。是れ一貫の旨なり」(吾道者、先王之道也。先王之道、孔子所由、故曰吾道。……大氐宋世禪學甚盛。……儒者心羨之。……遂以孔門一貫、大小大事、曾子之唯、即迦葉微笑矣。豈不兒戲乎。……先王之道、先王爲安民立之。故其道有仁焉者、有智焉者、有義焉者、有勇焉者、有儉焉者、有恭焉者、有神焉者、有人焉者、有似自然焉者、有似僞焉者、有本焉者、有末焉者、有近焉者、有遠焉者、有禮焉、有樂焉、有兵焉、有刑焉、制度云爲、不可以一盡焉、紛雜乎不可得而究焉。故命之曰文。……依於仁、則先王之道、可以貫之矣。故不曰一、而曰一以貫之。辟諸錢與繦。仁、繦也。先王之道、錢也。謂錢即繦可乎。是一貫之旨也)とある。繦は、銭を通して束にするひも。銭さし。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十