>   論語   >   里仁第四   >   15

里仁第四 15 子曰參乎章

081(04-15)
子曰。參乎。吾道一以貫之。曾子曰。唯。子出。門人問曰。何謂也。曾子曰。夫子之道。忠恕而已矣。
いわく、しんや、みちいつもっこれつらぬく。そういわく、ず。門人もんじんいていわく、なんいぞや。そういわく、ふうみちは、忠恕ちゅうじょのみ。
現代語訳
  • 先生 ――「参(シン)くん、わしの道はひとすじじゃよ。」曽(ソウ)先生の返事 ―― 「ええ。」あとで、弟子たちがたずねる、「あの意味は…。」曽先生 ――「先生の道とは、『思いやり』なんだ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がいわれた。――
    しんよ、私の道はただ一つの原理で貫かれているのだ」
    曾先生がこたえられた。――
    「さようでございます」
    先師はそういって室を出て行かれた。すると、ほかの門人たちが曾先生にたずねた。――
    「今のはなんのことでしょう」
    曾先生はこたえていわれた。――
    「先生の道は忠恕ちゅうじょの一語につきるのです」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 参 … 曾子の名。「しん」と読み、「さん」とは読まない。
  • 乎 … 呼びかけに用いて「や」と読む。「~よ」と訳す。
  • 一以貫之 … 「之」は「一」を強めるための語助の辞。故事成語【一以て之を貫く】参照。
  • 曾子 … 姓はそう、名はしんあざな子輿しよ。魯の人。孔子より四十六歳年少の門人。『孝経』を著した。ウィキペディア【曾子】参照。
  • 唯 … 「い」と読む。目上の人に対し、「はい」と答える丁寧な返事。
  • 門人 … 孔子の他の門人たち。曾子の門人という説もあるが、ここではとらない。
  • 何謂也 … 疑問の形。「どういう意味ですか」。
  • 夫子 … 先生。ここでは孔子を呼ぶ尊称。
  • 忠恕 … 真心と思いやり。
  • 而已矣 … 「のみ」と読む。強い断定の意を示す。「而已のみ」をさらに強調した言い方。「…だけだ」「他にはない、ただこれだけだ」の意。「而已焉」「而已耳」も同じ。
余説
  • 一以貫之 … 『義疏』では「一以貫之哉」に作る。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十