>   論語   >   里仁第四   >   11

里仁第四 11 子曰君子懷徳章

077(04-11)
子曰。君子懷徳。小人懷土。君子懷刑。小人懷惠。
いわく、くんとくおもえば、しょうじんおもい、くんけいおもえば、しょうじんけいおもう。
現代語訳
  • 先生 ――「徳をみがく人、土地にあがく人。おきてを守る人、おこぼれを待つ人。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がいわれた。――
    「上に立つ者がつねに徳に心がけると、人民は安んじて土に親しみ、耕作にいそしむ。上に立つ者がつねに刑罰を思うと、人民はただ上からの恩恵だけに焦慮する」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 懐 … 思念する。
  • 土 … 安楽なところ。
  • 刑 … 刑罰。孔安国は「懐刑」を「法に安んず」としたが、荻生徂徠はこれを「非なり」と言っている(論語徴)。
  • 恵 … 恩恵。物質的利益。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十