>   論語   >   里仁第四   >   17

里仁第四 17 子曰見賢思齊焉章

083(04-17)
子曰。見賢思齊焉。見不賢而内自省也。
いわく、けんてはひとしからんことをおもい、けんてはうちみずかかえりみるなり。
現代語訳
  • 先生 ――「りっぱな人は、見ならいたい。つまらぬ人でも、わが身のいましめにするのだ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 孔子様がおっしゃるよう、「かしこくて徳のある人を見ては、自分もこの人のようでありたいと思い、かしこからず徳のない人を見ては、自分もこの人のようではないかと反省する。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 先師がいわれた。――
    「賢者を見たら、自分もそうありたいと思うがいいし、不賢者を見たら、自分はどうだろうかと内省するがいい」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 述而第七21」と同じ趣旨。
  • 賢 … 自分よりすぐれた人。
  • 斉 … 「等」と同じ。自分も見習って同じようになること。
  • 思斉 … 『集注』には「ひとしからんことを思うとは、己も亦た是の善有らんことをこいねがうなり」(思齊者、冀己亦有是善)とある。
  • 焉 … 通常は訓読しないが、「これに」と訓読してもよい。
  • 見賢思斉焉 … 『集解』に引く包咸の注には「賢者と等しからんことを思う」(思與賢者等)とある。
  • 不賢 … 自分より劣った人。つまらぬ行いをする人。
  • 内 … 心に。ひそかに。
  • 自省 … 自分もその人と同じようではないかと反省する。
  • 内自省 … 『集注』には「内に自ら省みるとは、己も亦た是の悪有るを恐る」(内自省者、恐己亦有是惡)とある。
  • 『集注』に引く胡寅の注には「人の善悪の同じからざるを見て、これを身に反せざる無き者は、則ちいたずらに人をうらやみて自ら棄つるを甘んぜず、いたずらに人を責めて自ら責むるを忘れず」(見人之善惡不同、而無不反諸身者、則不徒羨人而甘自棄、不徒責人而忘自責矣)とある。
  • 伊藤仁斎は「此れ人の賢不肖を見て、皆之を己にはんきゅうせざるべからざることを言うなり。人の常情、賢を見れば則ち必ず之をはばかり、不賢を見れば則ち必ず之をそしり笑う。惟だ己に反求することを知らざるのみに非ず、まさに以て其の徳をそこなうに足るなり。夫れ賢を見てひとしからんことを思わざるは、志無き者なり。不賢を見て内に省みざるは、恥ずること無き者なり。志無く恥ずること無き者は、所謂いわゆる自暴自棄の者にして、ともに為すこと有るべからざるやひっせり」(此言見人之賢不肖、皆不可不反求之於己也。人之常情、見賢則必忌憚之、見不賢則必譏笑之。非惟不知反求於己、適足以害其德也。夫見賢而不思齊、無志者也。見不賢而不内省、無恥者也。無志無恥者、所謂自暴自棄者、而不可與有爲也必矣)と言っている。「反求」は自省すること。反省すること。『論語古義』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 荻生徂徠『論語徴』には、この章の注がない。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十