>   故事成語   >   か行   >   下問を恥じず

下問を恥じず

下問かもんじず
  • 出典:『論語』公冶長14
  • 解釈:自分より年齢・地位の低い者に対して、物事を尋ねたり、教えを乞うことを恥ずかしいと思わないこと。
子貢問曰。孔文子何以謂之文也。子曰。敏而好學。不恥下問。是以謂之文也。
子貢しこういていわく、孔文子こうぶんしなにもっこれぶんうや。いわく、びんにしてがくこのみ、下問かもんじず。ここもっこれぶんうなり。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ