>   故事成語   >   あ行   >   王侯将相寧んぞ種有らんや

王侯将相寧んぞ種有らんや

王侯おうこう将相しょうしょういずくんぞしゅらんや
  • 出典:『史記』陳渉世家
  • 解釈:王と諸侯・将軍・大臣となるのは血すじによらず、誰でも実力次第でなれる。
呉廣素愛人。士卒多爲用者。將尉醉。廣故數言欲亡、忿恚尉、令辱之、以激怒其衆。尉果笞廣。尉劍挺。廣起奪而殺尉。陳勝佐之、并殺兩尉。
呉広ごこうもとよりひとあいす。士卒しそつようさんとするものおおし。将尉しょういう。こうことさらにしばしばげんとほっすとい、忿恚ふんいせしめ、これはずかしめしめ、もっしゅう激怒げきどせしめんとす。たしてこうむちうつ。けんく。こうちてうばいてころす。陳勝ちんしょうこれたすけ、あわせて両尉りょういころす。
  • 呉広 … 秦末の農民。陳勝とともに秦に対する反乱(陳勝・呉広の乱)を起した。
  • 忿恚 … 怒り憤らせること。
  • 陳勝 … 農民反乱の指導者。あざなは渉。呉広ごこうとともに秦に対する反乱を起こした。
召令徒屬曰、公等遇雨、皆已失期。失期當斬。藉第令毋斬、而戍死者、固十六七。且壯士不死即已。死即舉大名耳。王侯將相寧有種乎。徒屬皆曰、敬受命。
して徒属とぞくれいしていわく、公等こうらあめい、すでうしなえり。うしなうはざんたる。たとらるることからしむとも、じゅするものは、まことじゅう六七ろくしちなり。壮士そうしせずんばすなわまん。せばすなわ大名たいめいげんのみ。王侯おうこう将相しょうしょういずくんぞしゅらんや、と。徒属とぞくいわく、つつしみてめいけん、と。
  • 徒属 … 仲間。
  • 戍 … 辺境守備。
  • 将相 … 大将と大臣。
  • 種 … 血筋。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ