>   故事成語   >   た行   >   鈍学功を累ぬ

鈍学功を累ぬ

鈍学どんがくこうかさ
  • 出典:『顔氏家訓』文章
  • 解釈:学問は鈍根の人間でも努力を重ねていけば、ついには円熟の境に達して大成する。
學問有利鈍、文章有巧拙。鈍學累功、不妨精熟。
学問がくもん利鈍りどんり、文章ぶんしょう巧拙こうせつり。がくどんなるもこうかさぬれば、精熟せいじゅくさまたげず。
  • 利鈍 … (理解の)早いことと遅いこと。
  • 巧拙 … じょうずなこととへたなこと。巧妙と拙劣。
  • 功 … 努力。工夫。
  • 精熟 … 詳しく知っていて熟練していること。精通熟達。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ