>   漢詩   >   歴代詩選:初唐   >   登幽州台歌(陳子昂)

登幽州台歌(陳子昂)

登幽州臺歌
幽州ゆうしゅうだいのぼうた
ちんごう     
  • 〔出典〕 『唐詩三百首』七言古詩、『全唐詩』、他
  • 雑言古詩。者・下(上声馬韻)。
  • 『全唐詩』巻83所収。ウィキソース「登幽州臺歌」参照。
  • 幽州 … 現在の北京市付近。
  • 台 … 高台。ここでは高楼を指す。
  • 陳子昂 … 661~702。初唐の詩人。しゅう射洪しゃこう(四川省遂寧すいねい市射洪県)の人。あざなは伯玉。『陳伯玉文集』十巻がある。ウィキペディア【陳子昂】参照。
前不見古人
まえじん
  • 前 … 「さき」とも読む。自分より前に生まれた(人)。
  • 古人 … 昔の人。
  • 不見 … 会うことはできない。
後不見來者
しりえ来者らいしゃ
  • 後 … 「のち」とも読む。自分より後から生まれてくる(人)。
  • 来者 … 未来の人。
念天地之悠悠
てん悠悠ゆうゆうたるをおも
  • 悠悠 … 長くゆったりと続くさま。限りなく永遠に続くこと。
  • 念 … 心中深くかみしめる。
獨愴然而涕下
ひと愴然そうぜんとして なみだくだ
  • 独 … ひとり。
  • 愴然 … いたみ悲しむ様子。
  • 涕 … 涙。
  • 下 … 「つ」と読んでもよい。(涙が)こぼれてくる。流れる。
歴代詩選
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行