>   漢詩   >   唐詩選   >   巻七 七言絶句   >   与歌者何戡(劉禹錫)

与歌者何戡(劉禹錫)

與歌者何戡
しゃかんあた
りゅうしゃく
  • 七言絶句。京・情・城(平声庚韻)。
  • 劉禹錫 … 772~842。中唐の詩人。あざな夢得ぼうとくちゅうざん(河北省)の人。貞元九(793)年、柳宗元とともに進士に及第。王叔文らの政治改革に加わり、僻地に左遷された。太和二(828)年に長安に復帰。その後も都と地方の諸官を歴任した。柳宗元とは無二の親友。晩年は白居易とも親交があり、白居易は彼を「詩豪」と称賛した。ウィキペディア【劉禹錫】参照。
二十餘年別帝京
二十余年にじゅうよねん 帝京ていけいわか
重聞天樂不勝情
かさねて天楽てんがくいてじょうえず
舊人唯有何戡在
旧人きゅうじん かん
更與殷勤唱渭城
さらため殷勤いんぎんじょううた
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行