>   唐詩選   >   巻七 七言絶句   >   浪淘沙詞(劉禹錫)

浪淘沙詞(劉禹錫)

浪淘浪淘ろうとう沙詞さし
りゅうしゃく     
  • 七言絶句。沙・斜・家(平声麻韻)。
  • 浪淘沙詞 … 『全唐詩』等では「浪淘沙(詞)九首 其四」に作る。
  • 『全唐詩』には「一作張籍詩」との注がある。『唐張司業詩集』(『四部叢刊 初編集部』所収)巻六に重出。
  • 劉禹錫 … 772~842。中唐の詩人。あざな夢得ぼうとくちゅうざん(河北省)の人。貞元九(793)年、柳宗元とともに進士に及第。王叔文らの政治改革に加わり、僻地に左遷された。太和二(828)年に長安に復帰。その後も都と地方の諸官を歴任した。柳宗元とは無二の親友。晩年は白居易とも親交があり、白居易は彼を「詩豪」と称賛した。ウィキペディア【劉禹錫】参照。
鸚鵡洲頭浪颭沙
鸚鵡洲頭おうむしゅうとう なみ すなうごかす
  • 洲 … 『劉夢得文集』(『四部叢刊 初編集部』所収)では「舟」に作る。
青樓春望日將斜
青楼せいろうはるのぞめば  まさななめならんとす
銜泥燕子爭歸舍
どろふく燕子えんしあらそってしゃかえるも
獨自狂夫不憶家
独自ひとり 狂夫きょうふのみいえおもわず
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
漢詩 詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行