>   漢詩   >   唐詩選   >   巻六 五言絶句   >   関山月(儲光羲)

関山月(儲光羲)

關山月
関山かんざんげつ
ちょこう
  • 〔テキスト〕 『唐詩選』巻六、『全唐詩』巻一百三十九、趙宦光校訂/黄習遠補訂『万首唐人絶句』巻三(万暦三十五年刊、内閣文庫蔵)、『儲光羲集』巻五(『唐五十家詩集』所収)、『唐詩品彙』巻四十、他
  • 五言絶句。營・城・聲(平声庚韻)。
  • ウィキソース「關山月 (儲光羲)」参照。
  • 詩題 … 楽府題。横吹おうすい曲(馬上で奏する軍中の楽曲)に属する。戴叔倫「關山月二首 其二」(『全唐詩』巻二百七十四、『楽府詩集』巻二十三)と、まったく同じ詩。ウィキソース「關山月 (一鴈過連營)」「樂府詩集/023卷」参照。
  • 関山 … 関所のある山。辺塞の山。関は、関塞。国境の関所の砦。
  • この詩は、辺塞の地で月光に照らされた寂しい情景を詠んだもの。詩中に月の字を出さずに、その光景を表現している。
  • 儲光羲 … 707~763。盛唐の詩人。えんしゅう(山東省)の人。開元十四年(726)、進士に及第。監察御史となったが、安禄山の乱で反乱軍にとらえられ、その軍に仕えた。乱の平定後、嶺南に流されて死んだ。ウィキペディア【儲光羲】参照。
一雁過連營
一雁いちがん 連営れんえい
  • 一雁 … 一羽のかり。陳の張正見「賦得佳期竟不帰」に「つい一雁いちがんしょびてめぐし」(終無一鴈帶書回)とある。ウィキソース「古詩紀 (四庫全書本)/卷113」参照。張正見については、ウィキペディア【張正見】参照。また、北宋の孔平仲「孤雁」に「くうじょうよるすでじゃくたり、一雁いちがん雲端うんたんわたる」(空城夜已寂、一雁度雲端)とある。空城は、荒れ果てて住む人のない城。雲端は、雲のはし。
  • 雁 … 『万首唐人絶句』『唐五十家詩集本』『唐詩品彙』では「鴈」に作る。同義。
  • 連営 … いくつも連なっている陣営。営は、営舎。幕舎。
  • 過 … 通りすぎていく。飛びすぎていく。
繁霜覆古城
繁霜はんそう じょうおお
  • 繁霜 … たくさん降りた霜。真白い霜。『詩経』小雅・正月篇に、「しょうがつ繁霜はんそうこころゆうしょうす」(正月繁霜、我心憂傷)とあるのに基づく。憂傷は、思い悩み悲しむこと。ウィキソース「詩經/正月」参照。
  • 古城 … 古びた町。城は、城壁に囲まれた町の意。
胡笳在何處
胡笳こか いずれのところにか
  • 胡笳 … 北方民族の胡人が吹くあしの葉の笛。物悲しい音色を出す。『文献通考』に「胡笳こか觱篥ひちりきあなく、後世こうせい鹵部ろぶこれもちう」(胡笳似觱篥而無孔、後世鹵部用之)とある。觱篥は、管楽器の一つ。竹製の縦笛で前面に七つ、裏面に二つの指孔がある。音色は鋭く、哀調を帯びる。ウィキペディア【篳篥】参照。鹵部は、大駕(天子の乗り物)の儀仗。鹵簿ろぼ(天子の行列)。ウィキソース「文獻通考 (四庫全書本)/卷138」参照。
  • 胡 … 『万首唐人絶句』では「悲」に作る。
  • 在何処 … どこで吹き鳴らしているのか。
半夜起邊聲
はん 辺声へんせいおこ
  • 半夜 … 夜半。夜中。「月節折楊柳歌十三首 十月歌」(『楽府詩集』巻四十九)に「厳霜げんそうはんつ」(嚴霜半夜落)とある。ウィキソース「樂府詩集/049卷」参照。
  • 辺声 … 辺地の音。辺境の物悲しい響き。李陵の「蘇武そぶこたうるのしょ」(『文選』巻四十一)に「胡笳こかたがいにうごき、ぼくかなしくく。ぎんしょうぐんし、辺声へんせいもにおこる。あしたしてこれけば、おぼえずしてなみだくだる」(胡笳互動、牧馬悲鳴。吟嘯成羣、邊聲四起。晨坐聽之、不覺淚下)とある。ウィキソース「答蘇武書」参照。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行