>   漢詩   >   歴代詩選:盛唐   >   山中問答(李白)

山中問答(李白)

山中問答
さんちゅう問答もんどう
はく
  • 〔テキスト〕 『全唐詩』巻一百七十八、他
  • 七言絶句。山・閑・間(平声刪韻)。
  • ウィキソース「山中問荅」参照。
  • 山中問答 … 山中での俗人との問答。
  • 李白 … 701~762。盛唐の詩人。あざなは太白。蜀の隆昌県青蓮郷(四川省江油市青蓮鎮)の人。青蓮居士と号した。科挙を受験せず、各地を遊歴。天宝元年(742)、玄宗に召されて翰林かんりん供奉ぐぶ(天子側近の文学侍従)となった。しかし、玄宗の側近で宦官の高力士らに憎まれて都を追われ、再び放浪の生活を送った。杜甫と並び称される大詩人で「詩仙」と仰がれた。『李太白集』がある。ウィキペディア【李白】参照。
問余何意棲碧山
う なんありてか碧山へきざんむと
  • 何意 … どんな考えで。どういうわけで。「何の意ぞ」「何の意か」とも訓読できる。
  • 意 … 『全唐詩』には「一作事」とある。
  • 碧山 … 青々とした奥深い山。緑の山。
笑而不答心自閑
わらってこたえず こころおのずかかんなり
  • 閑 … のどか。『全唐詩』では「閒」に作る。同義。
桃花流水窅然去
とうりゅうすい 窅然ようぜんとして
  • 桃花流水 …桃の花びらが水の上を流れていく。陶淵明「桃花源記」をふまえている。
  • 窅然 … はるか遠いさま。『唐詩品彙』では「杳然」に作る。
別有天地非人間
べつてん人間じんかんあらざる
  • 天地 … 世界。
  • 人間 … 「じんかん」と読む。俗世間。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行