>   漢詩 詩人別 :ら行   >   山中問答(李白)

山中問答(李白)

山中問答さんちゅう問答もんどう
はく     
  • 〔出典〕 『李太白文集』、『全唐詩』、他
  • 七言絶句。山・閑・間(平声刪韻)。
  • 『全唐詩』巻178所収。ウィキソース「山中問荅」参照。
  • 山中問答 … 山中での俗人との問答。
  • 李白 … 701~762。盛唐の詩人。あざなは太白。杜甫と並び称される大詩人で「詩仙」といわれている。ウィキペディア【李白】参照。
問余何意棲碧山
う なんありてか碧山へきざんむと
  • 何意 … どんな考えで。どういうわけで。「何の意ぞ」「何の意か」とも訓読できる。
  • 意 … 『全唐詩』には「一作事」との注がある。
  • 碧山 … 青々とした奥深い山。緑の山。
笑而不答心自閑
わらってこたえず こころおのずかかんなり
  • 閑 … のどか。『全唐詩』では「閒」に作る。同義。
桃花流水窅然去
とうりゅうすい 窅然ようぜんとして
  • 桃花流水 …桃の花びらが水の上を流れていく。陶淵明「桃花源記」をふまえている。
  • 窅然 … はるか遠いさま。『唐詩品彙』では「杳然」に作る。
別有天地非人間
べつてん人間じんかんあらざる
  • 天地 … 世界。
  • 人間 … 「じんかん」と読む。俗世間。
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
漢詩 詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行