>   漢詩   >   唐詩選   >   巻七 七言絶句   >   出塞行(王昌齢)

出塞行(王昌齢)

出塞行
出塞行しゅっさいこう
王昌齢おうしょうれい
  • 七言絶句。師・時・誰(平声支韻)。
  • 出塞行 … 『全唐詩』では「旅望」に作り、「一作出塞行」とある。
  • 王昌齢 … 698~755。盛唐の詩人。京兆の人。あざなは少伯。高適・岑参とともに辺塞詩人のひとり。ウィキペディア【王昌齢】参照。
白草原頭望京師
白草原はくそうげんとう けいのぞめば
  • 白草原 … 白草の生い茂る原野。白草とは乾燥するとまっ白になり、牛馬のえさになるという草。
  • 草 … 『全唐詩』では「花」に作り、「一作草」とある。
  • 頭 … 『全唐詩』には「一作上」とある。
  • 京師 … みやこ。ここでは長安を指す。
黄河水流無盡時
こう みずながれてくるとき
秋天曠野行人絶
しゅうてん 曠野こうや 行人こうじん
  • 秋天 … 秋空。『全唐詩』では「窮秋」に作る。「窮秋」とは「晩秋」の意。
  • 曠野 … ひろびろとした野原。
  • 行人 … 旅人。
馬首東來知是誰
馬首ばしゅ東来とうらいするはたれなるかをらんや
  • 馬首東来 … 馬の首を東へ向けてこちらへ来る。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行