>   唐詩選   >   巻六 五言絶句   >   題慈恩塔(荊叔)

題慈恩塔(荊叔)

題慈恩塔おんとうだいす)
けいしゅく     
  • 五言絶句。深・心(平声侵韻)。
  • 『全唐詩』巻774所収。
  • 題慈恩塔 … 『唐人萬首絶句選』では「題慈恩寺塔」に作る。
  • 慈恩塔 … 陝西省西安市東南郊外、大慈恩寺の境内にある仏塔。大雁だいがんとうともいう。652年、玄奘三蔵によって建立された。ウィキペディア【大雁塔】参照。
  • 題 … 詩を作って、壁などに書きつけること。
  • 荊叔 … 中・晩唐の詩人。生没年不詳。生地も不明。今に伝わる詩はこの一首のみ。
漢國山河在
漢国かんこく さん
  • 漢国 … 昔の漢の国。漢の時代。前漢の都長安を指す。
  • 山河在 … 山も河も昔のままだ。
秦陵草樹深
しんりょう 草樹そうじゅふか
  • 秦陵 … 秦の始皇帝の陵墓。陝西省臨潼りんとう県のざんふもとにある。
  • 陵 … 『古今詩刪』巻二十(『四庫全書 集部』所収)では「林」に作る。
  • 草樹深 … 草や木が深々とい茂っている。「草樹」は草木と同じ。
暮雲千里色
うん せんいろ
  • 暮雲 … 夕暮れの雲。
  • 千里色 … 夕焼け雲が千里の彼方まで、茜色一色に染まっている。
無處不傷心
ところとしてこころいたましめざるは
  • 処 … どこを見ても。どこもかしこも。
  • 無 … 『唐詩紀事』では「何」に作る。
  • 無処不傷心 … どこを眺めて痛ましく思わないところはない。
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
漢詩 詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行