>   漢詩   >   唐詩選   >   巻六 五言絶句   >   三閭廟(戴叔倫)

三閭廟(戴叔倫)

三閭廟
三閭さんりょびょう
たいしゅくりん
  • 〔テキスト〕 『唐詩選』巻六、『全唐詩』巻二百七十四、『戴叔倫集』巻下(『唐五十家詩集』所収)、『唐詩品彙』巻四十二、趙宦光校訂/黄習遠補訂『万首唐人絶句』巻四(万暦三十五年刊、内閣文庫蔵)、『唐詩別裁集』巻十九、『唐人万首絶句選』巻二、他
  • 五言絶句。深・林(平声侵韻)。
  • ウィキソース「過三閭廟」参照。
  • 詩題 … 『全唐詩』では「三閭廟をよぎる」(過三閭廟)に作り、題下に「一本無過字」とある。『万首唐人絶句』では「過三閭廟」に作る。『唐人万首絶句選』『唐詩別裁集』では「題三閭大夫廟」に作る。『唐詩品彙』には、題下に「一作儲光羲詩」とある。
  • 三閭廟 … 戦国末期の楚の人、屈原を祀った廟のこと。廟の名は、彼の職名三閭さんりょたいに因む。ウィキペディア【屈原】参照。
  • 戴叔倫 … 732~789。中唐の詩人。あざな幼公ようこう潤州じゅんしゅう金壇きんだん(江蘇省金壇区)の人。若い時、しょうえいに師事した。撫州(江西省撫州市)刺吏・容管(広西チワン族自治区容県)経略使を歴任した。晩年は辞職して道士となったが、ほどなく死んだ。『戴叔倫詩集』二巻がある。ウィキペディア【戴叔倫】参照。
沅湘流不盡
げんしょう ながれてきず
  • 沅湘 … 沅江(沅水)と湘江(湘水)。どちらも洞庭湖に注ぐ。ウィキペディア【ゲン江】【湘江】参照。
  • 流不尽 … いつまでも流れて、尽きることがない。
屈子怨何深
くつ うらなんふか
  • 屈子 … 屈原。「子」は、男子に対する敬称。
  • 子 … 『全唐詩』では「宋」に作り、「一作子」とある。『万首唐人絶句』では「宋」に作る。「屈宋」は、屈原とその弟子、宋玉の意。ウィキペディア【宋玉】参照。
  • 怨何深 … 屈原の怨みの何と深いことか。沅湘の流れが尽きないことと怨みが尽きないこと、水が深いことと怨みが深いこととを兼ねて詠んでいる。
日暮秋風起
にち しゅうふうおこ
  • 日暮 … 日が暮れて。
  • 秋風起 … 秋風が吹き起こる。
  • 風 … 『全唐詩』では「煙」に作り、「一作風」とある。
蕭蕭楓樹林
蕭蕭しょうしょうたり 楓樹ふうじゅはやし
  • 蕭蕭 … 風が物寂しく鳴る音の形容。または風に吹かれて木々の葉が鳴る音の形容。『古詩源』巻三、楽府歌辞、古歌に「しゅうふう蕭蕭しょうしょうとしてひとしゅうさいし、ずるもうれい、るもうれう」(秋風蕭蕭愁殺人、出亦愁、入亦愁)とある。
  • 楓樹 … ふうの木。カエデの一種。日本のカエデとは異なる。ウィキペディア【フウ】参照。『楚辞』宋玉の「招魂」に「湛湛たんたんたる江水こうすいうえふうり」(湛湛江水兮上有楓)とある。ウィキソース「楚辭/招䰟」参照。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行