>   漢詩   >   唐詩選   >   巻六 五言絶句   >   登柳州蛾山(柳宗元)

登柳州蛾山

登柳州蛾山
柳州りゅうしゅうざんのぼ
りゅう宗元そうげん
  • 〔テキスト〕 『唐詩選』巻六、『全唐詩』巻三百五十二、他
  • 五言絶句。悠・州(平声尤韻)。
  • ウィキソース「登柳州峨山」参照。
  • 蛾 … 『全唐詩』では「峨」に作る。
  • 柳宗元 … 773~819。中唐の文人・政治家。河東(山西省永済県)の人。あざなこう。貞元九年(793)、劉禹錫とともに進士に及第。校書郎、藍田県(陝西省)尉、監察御史裏行を歴任。政治改革に乗り出したが失脚。辺地に左遷され、柳州で死去した。唐宋八大家のひとり。韓愈とともに古文復興につとめた。詩においては王維・孟浩然・韋応物らと同様、自然をうたった詩が優れている。ウィキペディア【柳宗元】参照。
荒山秋日午
荒山こうざん しゅうじつ なり
  • 荒山 … 荒れ果てた山。
  • 午 … まひるどき。正午。
獨上意悠悠
ひとのぼる 悠悠ゆうゆうたり
  • 意 … わが思い。
  • 悠悠 … (憂いの気持ちは)果てることはない。いつまでも続くさま。
如何望郷處
如何いかんせん きょうのぞところ
  • 処 … ~してみると。~してみても。
西北是融州
西北せいほくゆうしゅう
  • 融州 … 今の広西チワン族自治区融安県。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行