>   漢詩   >   歴代詩選:中唐   >   漁翁(柳宗元)

漁翁(柳宗元)

漁翁漁翁ぎょおう
りゅう宗元そうげん     
  • 〔出典〕 『唐詩三百首』七言古詩、『全唐詩』巻353、他
  • 七言古詩。宿・竹(入声屋韻)、綠(入声沃韻)、逐(入声屋韻)通押。
  • ウィキソース「漁翁」参照。
  • 漁翁 … 漁師の老人。老漁夫。
  • 柳宗元 … 773~819。中唐の文人・政治家。河東(山西省永済県)の人。あざなこう。貞元九(793)年、劉禹錫とともに進士に及第。校書郎、藍田県(陝西省)尉、監察御史裏行を歴任。政治改革に乗り出したが失脚。辺地に左遷され、柳州で死去した。唐宋八大家のひとり。韓愈とともに古文復興につとめた。詩においては王維・孟浩然・韋応物らと同様、自然をうたった詩が優れている。ウィキペディア【柳宗元】参照。
漁翁夜傍西巖宿
漁翁ぎょおう よる 西巌せいがんうて宿しゅく
  • 西巌 … 西岸の大きな岩。
  • 傍 … 沿って。
  • 宿 … 停泊する。夜を過ごす。
曉汲清湘燃楚竹
あかつきせいしょうんで ちく
  • 暁 … 夜明け。明け方。
  • 汲清湘 … 清らかな湘江の水を汲む。湘江は広西チワン族自治区に発して湖南省を北上し、しょうすいと合流して洞庭湖に注ぐ川。ウィキペディア【湘江】参照。
  • 楚竹 … 篠竹の類。「楚」は今の湖北省から湖南省一帯の古名。この地方は篠竹を多く産出するのでこう呼ぶ。
  • 燃 … 燃やす。『唐詩三百首』では「然」に作る。同義。
煙銷日出不見人
けむりえ でて ひと
  • 煙 … 朝もや。川霧。炊事の煙ではない。
  • 銷 … ここでは晴れる。「消」と同じ。
  • 人 … 漁翁を指す。
欸乃一聲山水綠
欸乃あいだい一声いっせい 山水さんすいみどりなり
  • 欸乃 … 「えいおう」といった、舟をこぐときのかけ声。また、櫓のきしむ音という説もある。
  • 山水緑 … 山も水も緑一色に染まる。
迴看天際下中流
天際てんさい迴看かいかんして 中流ちゅうりゅうくだれば
  • 天際 … 空の果て。
  • 迴看 … 振り返って眺める。
  • 中流 … 川の中ほど。川幅の中央付近。川の上流・下流に対する中流の意ではない。
巖上無心雲相逐
がんじょう しんくもあい
  • 巌上 … 昨夜舟を泊めた岩の上。
  • 無心雲相逐 … 雲が無心に追いかけっこしているように流れて行く。陶淵明「帰去来の辞」に「雲は無心にして以てしゅうを出で、鳥は飛ぶにみて還るを知る」(雲無心以出岫、鳥倦飛而知還)とあるのに基づく。「岫」は山の岩穴。転じて、深い山あい。峰。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行