>   漢詩   >   唐詩選   >   巻五 七言律詩   >   黄鶴楼(崔顥)

黄鶴楼(崔顥)

黃鶴樓
黄鶴楼こうかくろう
さいこう
  • 〔出典〕 『唐詩選』巻五、『唐詩三百首』七言律詩、『三体詩』七言律詩・前虚後実、『全唐詩』巻百三十、『文苑英華』巻三百十二、『唐詩品彙』巻八十三、『唐百家詩選』巻四、『唐詩別裁集』巻十三、『河岳英霊集』巻下、『国秀集』巻中、『才調集』巻八、『唐詩紀事』巻二十一(『四部叢刊 初編集部』所収)、『唐文粋』巻十六上(『四部叢刊 初編集部』所収)、他
  • 七言律詩。樓・悠・洲・愁(平声尤韻)。
  • ウィキソース【黄鶴楼】参照。
  • この詩は李白に褒められた詩としても有名。『文苑英華』『唐文粋』では「登黄鶴樓」に作る。『国秀集』では「題黄鶴樓」に作る。
  • 黄鶴楼 … 湖北省武昌にあった楼閣。ウィキペディア【黄鶴楼】参照。
  • 崔顥 … ?~754。盛唐の詩人。べんしゅう(河南省開封市)の人。あざなは不詳。開元十一(723)年、進士に及第。官は司勲員外郎に至った。酒と賭博を好んだという。ウィキペディア【崔コウ】参照。
昔人已乘白雲去
昔人せきじんすで白雲はくうんりて
  • 昔人 … 昔の人。ここではしん氏の酒屋を訪れた仙人を指す。ウィキペディア【黄鶴楼】の「伝承」参照。
  • 白雲 … 『全唐詩』には「一云作黄鶴」とある。『唐詩三百首』『唐詩別裁集』『唐百家詩選』では「黄鶴」に作る。
此地空餘黃鶴樓
むなしくあます 黄鶴楼こうかくろう
  • 此 … 『全唐詩』には「一作茲」とある。『文苑英華』『国秀集』では「茲」に作る。
  • 空 … ただ~だけ。ただ~ばかり。むなしく。さびしく。
  • 余 … 残っている。『全唐詩』には「一作留」とある。『才調集』では「作」に作る。『文苑英華』では「遺」に作る。
黃鶴一去不復返
黄鶴こうかくひとたびってかえらず
  • 黄鶴 … 黄色い鶴。
  • 不復返 … もう帰ってこない。
  • 不復 … 「また~ず」と読み、「もう二度と~ない」と訳す。部分否定。ちなみに、「復不」は「また~ず」と読み、「今度もまた~しない」と訳す。全部否定。
白雲千載空悠悠
白雲はくうん千載せんざい むなしく悠悠ゆうゆう
  • 千載 … 千年。
  • 載 … 『国秀集』では「里」に作る。
  • 悠悠 … ゆったりとのどかにしているさま。
晴川歷歷漢陽樹
晴川せいせん歴歴れきれきたり 漢陽かんようじゅ
  • 晴川 … 晴れ渡った長江の流れ。
  • 歴歴 … はっきりと見えるさま。
  • 漢陽 … 長江をはさんで、武昌の対岸にある町。現在、三市が合併して武漢市となっている。
  • 樹 … 『全唐詩』には「一作戍」とある。
芳草萋萋鸚鵡洲
芳草ほうそう萋萋せいせいたり おうしゅう
  • 芳 … 『全唐詩』では「春」に作り、「一作芳」とある。『文苑英華』『唐百家詩選』『河岳英霊集』『国秀集』『才調集』『唐詩紀事』『唐文粋』では「春」に作る。
  • 芳草 … 香りのよい草花。
  • 草 … 『唐詩選』『唐詩別裁集』では「艸」に作る。同義。
  • 萋萋 … 草が盛んに茂っているさま。『全唐詩』には「一作青青」とある。『文苑英華』『国秀集』『唐文粋』では「靑靑」に作る。
  • 鸚鵡洲 … 長江の中洲の名称。
日暮郷關何處是
にち きょうかん いずれのところこれなる
  • 日暮 … 日暮れ。
  • 郷関 … ふるさと。
  • 何処是 … どの辺りがそれ(故郷)だろうか。
  • 是 … 『全唐詩』には「一作在」とある。『河岳英霊集』では「在」に作る。
煙波江上使人愁
えん こうじょう ひとをしてうれえしむ
  • 煙波 … もやの立ちこめた水面。
  • 煙 … 『三体詩』『唐詩品彙』では「烟」に作る。異体字。
  • 江上 … 長江のほとり。
  • 使人愁 … 私の胸に、望郷の思いを起こさせる。
  • 使 … 「~(をして)…(せ)しむ」と読み、「~に…させる」と訳す。使役を表す。
  • 人 … ここでは作者を指す。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行