>   漢詩   >   唐詩選   >   巻二 七言古詩   >   孟門行(崔顥)

孟門行(崔顥)

孟門行
孟門行もうもんこう
崔顥さいこう
  • 〔出典〕 『唐詩選』巻二、『全唐詩』巻百三十、『唐詩品彙』巻三十、『河岳英霊集』巻下、『楽府詩集』巻九十一、『唐詩紀事』巻二十一(『四部叢刊 初編集部』所収)、『唐文粋』巻十二(『四部叢刊 初編集部』所収)、他
  • 七言古詩。隙・射(入声陌韻)/春・賓・人(平声真韻)/道・保(上声皓韻)/枝・移・知(平声支韻)、換韻。
  • ウィキソース【孟門行】参照。
  • 孟門行 … 新楽府。「孟門」は、河南省県から太行山を越える古い峠道を指す。狭く、険阻な道だったらしい。ここでは、世の中を渡る道の険しさに喩える。「行」は、歌の意。
  • この詩は、作者が讒言ざんげんによって地位を移されたことがあったらしく、主人に対して讒言などに惑わされず、人物を正しく評価してほしいという意を寓したもの。
  • 崔顥 … ?~754。盛唐の詩人。べんしゅう(河南省開封市)の人。あざなは不詳。開元十一(723)年、進士に及第。官は司勲員外郎に至った。酒と賭博を好んだという。ウィキペディア【崔コウ】参照。
黃雀銜黃花
こうじゃく こうふく
  • 黄雀 … すずめの一種。入内雀。ウィキペディア【ニュウナイスズメ】参照。ここでは、梁のいんの『ぞく斉諧せいかい』にみえる次の故事を踏まえる。後漢の楊宝ようほうが怪我をした黄雀を助け、黄色い花を餌にして百日ほど育ててやった。やがて黄雀は傷も癒え、飛び去った。その夜の夢に黄衣の童子が現われ、自分は西王せいおう(西方に住む仙女)の使者であるといい、四つの白玉の環を宝に手渡しながら、君が助けてくれた恩に報いるため、君の子孫を出世させてあげようと告げた。のちに宝の子孫は代々公卿こうけいとなって繁栄したという。
  • 黄花 … 黄色い花。『全唐詩』『楽府詩集』には「一作蘋(花)」とある。
  • 銜 … 口にくわえる。
翩翩傍簷隙
翩翩へんぺんとして簷隙えんげき
  • 翩翩 … 鳥が軽やかに飛ぶさま。羽をひらひらさせて飛ぶさま。
  • 簷隙 … 軒端。軒先。また、軒のすき間。底本(冨山房漢文大系)では「簷陳」に作るが、諸本に従い改めた。
  • 傍 … 寄り添うように飛ぶ。そばを飛び回る。
本擬報君恩
もと 君恩くんおんむくいんと
  • 本 … もともと。
  • 報君恩 … あなたに恩返しをすること。
  • 擬 … ~しようと思う。欲する。『全唐詩』には「一作欲」とある。
如何反彈射
如何いかんかえって弾射だんせきする
  • 如何 … それをどうして。
  • 反 … かえって。
  • 弾射 … はじき玉で射る。弾丸で撃つ。「射」は「隙」と押韻するので「シャ」と去声に読まず、「セキ」と入声に読む。
金罍美酒滿座春
金罍きんらいしゅ まんはる
  • 金罍 … 黄金で美しく飾った酒樽。
  • 美酒 … うまい酒。味のよい酒。
  • 満座春 … 一座に春の気分が満ち溢れること。
平原愛才多衆賓
平原へいげん さいあいしてしゅうひんおお
  • 平原 … 平原君(?~前251)のこと。戦国時代の四君の一人。趙の武霊王の子。名は勝。平原は号。食客は常に数千人に達したという。ウィキペディア【平原君】参照。
  • 愛才 … 才能ある人物を愛する。「才」は、人才。
  • 才 … 『楽府詩集』『唐詩紀事』『唐文粋』では「財」に作る。
  • 多衆賓 … 大勢の賓客が集まってくる。
滿堂盡是忠義士
満堂まんどう ことごとちゅう
  • 満堂 … 部屋いっぱいに居並ぶ賓客。
  • 尽 … すべて。みな。
  • 尽 … 真心を尽くして国家や主君に仕えること。
何意得有讒諛人
なんおもわん ざんひとるをんとは
  • 何意 … 思いがけぬことだった。思いもよらぬことだった。
  • 讒諛 … へつらい、告げ口をする。「讒」は、そしる。人の悪口を言う。告げ口をする。中傷する。「諛」は、へつらう。気に入られようとおもねる。
  • 得有 … ~するような人間がいようとは。
諛言反覆那可道
げん反覆はんぷく なんけん
  • 諛言 … こびへつらう言葉。
  • 言 … 『全唐詩』には「一作人」とある。『楽府詩集』『唐詩紀事』『唐文粋』では「人」に作る。
  • 反覆 … 何度も繰り返すこと。
  • 那 … 「なんぞ」と読み、「どうして~か(いや~ではない)」と訳す。反語の意を示す。
  • 那可道 … こちらは何も言いようがない。「道」は、言う。
能令君心不自保
きみこころをしてみずかたもたざらしむ
  • 令 … 「令AB」の形で「AをしてB(せ)しむ」と読み、「AにBさせる」と訳す。使役を表す。「使・遣・教」と同じ。
  • 能令君心不自保 … あなたの心に判断の自主性を保持させないようにしてしまった。あなたの心をぐらつかせてしまった。「保」は、判断の自主性を保持する。
北園新栽桃李枝
北園ほくえんあらたにう とうえだ
  • 北園 … 北の庭園。
  • 新栽 … 新しく植える。
  • 桃李枝 … 桃やすももの木。君子に喩える。『漢詩外伝がいでん』巻七に「春桃李をうれば、夏其の下にかげするを、秋其の実をくらうを」(春樹桃李、夏得陰其下、秋得食其實)とあるのに基づく。
根株未固何轉移
根株こんしゅいまかたからざるに なんてんするや
  • 根株 … 根。土の中にあるものを「根」、土の上に出たものを「株」という。
  • 未固 … まだ固まっていないのに。
  • 何転移 … どうして移しかえようとなさるのか。「転移」は、移植する。
成陰結實君自取
かげむすばばきみみずか
  • 成陰結実 … 葉が茂ってかげができ、実がなれば。
  • 實 … 『全唐詩』には「一作子」とある。『河岳英霊集』『楽府詩集』『唐詩紀事』『唐文粋』では「人」に作る。
  • 君自取 … あなたが御自分でお取りになってください。
若問傍人那得知
傍人ぼうじんうもなんるを
  • 若 … 『全唐詩』『河岳英霊集』には「一作借」とある。
  • 傍人 … そばにいる人。第三者。
  • 問 … お尋ねになっても。
  • 那得知 … 真実がわかる筈はない。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行