>   漢詩   >   唐詩選   >   巻三 五言律詩   >   破山寺後禅院(常建)

破山寺後禅院(常建)

破山寺後禪院破山はざんうしろの禅院ぜんいん
常建じょうけん     
  • 五言律詩。林・深・心・音(平声侵韻)。
  • 破山寺後禅院 … 『全唐詩』では「題破山寺後禅院」に作る。
  • 破山寺 … 現在の江蘇省常熟市にある興福寺の別名。
清晨入古寺
清晨せいしん 古寺こじれば
  • 清晨 … すがすがしい朝。
初日照高林
初日しょじつ 高林こうりんらす
  • 初日 … のぼったばかりの太陽。
  • 高林 … 高い林(のこずえ)。
曲徑通幽處
曲径きょくけい 幽処ゆうしょつう
  • 曲 … 『全唐詩』では「竹」に作り、「一作一、一作曲」との注がある。
  • 曲径 … 曲がりくねった小道。
  • 通 … 『全唐詩』には「一作遇」との注がある。
  • 幽処 … 奥深く、静かなところ。
禪房花木深
禅房ぜんぼう 花木かぼくふか
  • 禅房 … 禅堂。
山光悦鳥性
山光さんこう 鳥性ちょうせいよろこばしめ
  • 山光 … 朝日を受けた山の色。
  • 悦鳥性 … 小鳥たちが嬉々としてさえずっているようす。「鳥性」は鳥の本性。
潭影空人心
潭影たんえい 人心じんしんむなしうす
  • 潭影 … 深い淵の色。
  • 空人心 … 人の心から雑念を払いのけ、空寂の境地へ引き入れる。
萬籟此倶寂
万籟ばんらい ここともじゃくたり
  • 万籟 … この世のすべてのものが発する音。
  • 倶 … 『全唐詩』では「都」に作る。
惟聞鐘磬音
鐘磬しょうけいおとくのみ
  • 聞 … 『全唐詩』では「餘」に作る。
  • 鐘磬 … かねと磬。「磬」は石板を吊り下げてたたく、「へ」の字形の打楽器。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行