>   漢詩   >   歴代詩選:魏   >   短歌行(曹操)

短歌行(曹操)

短歌行
たんこう
そうそう     
  • 〔出典〕 『楽府詩集』巻三十、『先秦漢魏晋南北朝詩』魏詩巻一、『古詩源』巻五 魏詩、『古詩賞析』巻八 魏詩、『文選』巻二十七、他
  • 四言古詩。歌・何・多(平声歌韻)/慷・忘・康(平声陽韻)/衿・心・今(平声侵韻)/鳴・苹・笙(平声庚韻)/月(入声月韻)・掇(入声曷韻)・絶(入声屑韻)通押/阡(平声先韻)・存・恩(平声元韻)通押/稀・飛・依(平声微韻)/深・心(平声侵韻)。逐解換韻(四句を一解といい、その一解ごとに換韻すること)。
  • ウィキソース「短歌行 (曹操)」「樂府詩集/030卷」参照。
  • 短歌行 … 楽府題。「行」は歌の意。
  • 曹操 … 155~220。三国時代、魏の始祖。はいこくしょうあん省)の人。あざなは孟徳。幼名はまん。184年、黄巾の乱を平定して名を挙げ、196年、献帝を擁して大将軍となった。200年、官渡の戦いで袁紹を破り、華北を統一した。208年、赤壁の戦いに敗れ、三国が併存することとなった。216年、魏王に封ぜられた。死後、武帝と称された。ウィキペディア【曹操】参照。
對酒當歌
さけたいしてはまさうたうべし
  • 対酒 … 酒を飲んでは。酒を飲んだら。
  • 当 … 「まさに~べし」と読み、「当然~するべきだろう」と訳す。再読文字。
人生幾何
人生じんせい 幾何いくばく
  • 人生 … 人の命。
  • 幾何 … どのくらいあるものか、いかほどもない。
譬如朝露
たとえばちょうごと
  • 朝露 … 朝の露。人生の短さを朝露の消えやすいことに喩えたもの。
去日苦多
去日きょじつ はなはおお
  • 去日 … 過ぎ去った日。
  • 苦 … 「はなはだ」と読む。「はなはだ」「はなはだ」と同じ。程度が激しくてひどいこと。
  • 去日苦多 … 過ぎ去った日は甚だ多いが、功績をなかなか挙げられない。
慨當以慷
がいしてまさもっこうすべし
  • 慨当以慷 … 「まさがいしてこうすべし」(當慨而慷)、または「まさ慷慨こうがいすべし」(當慷慨)の語順を換え、「以」を加えたものであろう。「慷慨」はいきどおり嘆くこと。これを思えば、当然嘆きいきどおらずにはおれないだろう。
憂思難忘
ゆう わすがた
  • 憂思 … 心配する心。憂慮。
  • 憂 … 『古詩源』『古詩賞析』では「幽」に作る。
何以解憂
なにもってかうれいをかん
  • 解 … 消し去る。払う。
唯有杜康
こうるのみ
  • 唯 … 「ただ~のみ」と読み、「ただ~だけ」「ただ~にすぎない」と訳す。限定の意を示す。『古詩源』『古詩賞析』では「惟」に作る。「唯」と同じ。
  • 杜康 … 古代の伝説上の人で、初めて酒を作った人。ここでは、酒を指す。
青青子衿
青青せいせいたるきみえり
  • 青青子衿 … 青々としたあなたのえり。ここでは、あおえりの服を着た優れた若者。「子」は成人した男子に対する敬称。あなた。『詩経』国風・鄭風「子衿」の第一句。
悠悠我心
悠悠ゆうゆうたるこころ
  • 悠悠我心 … あなたを慕う私の思いは尽きない。「悠悠」はここでは、思いがいつまでも続くさま。『詩経』国風・鄭風「子衿」の第二句。
但爲君故
きみためゆえ
  • 但 … 「ただ」と読み、「ただ~だけ」と訳す。限定の意を示す。
  • 君 … 優れた若者を指す。
  • 但為君故 … 『楽府詩集』には、この句がない。
沈吟至今
沈吟ちんぎんしていまいた
  • 沈吟 … 深く思いに沈む。深く考え込む。
  • 沈吟至今 … 『楽府詩集』には、この句がない。
呦呦鹿鳴
呦呦ゆうゆうとして鹿しか
  • 呦呦 … 鹿のか細い鳴き声を表す擬声語。
  • 呦呦鹿鳴 … 鹿はユウユウと鳴き交わす。『詩経』小雅「鹿鳴」の第一句。ウィキソース「詩經/鹿鳴」参照。
食野之苹
よもぎくら
  • 苹 … 草の名。よもぎ。
  • 食 … 「む」と読んでもよい。
  • 食野之苹 … 野原のよもぎを食っている。『詩経』小雅「鹿鳴」の第二句。
我有嘉賓
われひん
  • 嘉賓 … よい賓客。立派な客。ここでは、優れた人材を指す。
  • 我有嘉賓 … 『詩経』小雅「鹿鳴」の第三句。
鼓瑟吹笙
しつし しょうかん
  • 瑟 … おおごと。二十五弦。
  • 笙 … 管楽器の一つ。十九管または十三管の笛。
  • 鼓瑟吹笙 … 宴席を設けて、瑟を奏で笙を吹いて歓迎しよう。『詩経』小雅「鹿鳴」の第四句。
明明如月
明明めいめいとしてつきごと
  • 明明 … 明るく輝くさま。
何時可掇
いずれのときにかけん
  • 何時可掇 … いつになったら手に取ることができよう。「掇」は手に取る。優れた人材の得難さの喩え。
憂從中來
うれいはうちよりきたりて
  • 憂 … 優れた人材がなかなか得られないという憂い。
  • 中 … 胸中。心中。
  • 従 … 「より」と読み、「~から」と訳す。時間・場所の起点の意を示す。「自」と同じ。
不可斷絕
断絶だんぜつからず
  • 不可断絶 … (憂いを)断ち切ることができない。
越陌度阡
はくえ せんわた
  • 陌 … 東西に通る道。
  • 阡 … 南北に通る道。
  • 越・度 … ともに、道を乗り越える。
枉用相存
げてもっあいそん
  • 枉 … 無理してわざわざ~してくださった。
  • 用 … ~でもって。「以」とほぼ同じ。
  • 相 … ここでは「互いに」という意味ではなく、動作に相手があるときにつける言葉。
  • 存 … 訪ねる。訪問する。
契闊談讌
契闊けっかつ 談讌だんえんして
  • 契闊 … ここでは、久しぶりに再会すること(諸説あり)。
  • 談讌 … 集まって歓談する。
心念舊恩
こころきゅうおんおも
  • 旧恩 … 昔のよしみ。昔の友情。
  • 念 … ここでは、温め直す。
月明星稀
つきあきらかにほしまれにして
  • 星稀 … 星がまばらであるさま。
烏鵲南飛
じゃく みなみ
  • 烏鵲 … カササギ。仕官先を求める優れた人材に喩える。
繞樹三匝
めぐること三匝さんそう
  • 繞樹 … 木の周りを回ること。「繞」は、めぐる。周りを回る。
  • 三匝 … 三周する。「匝」は回る度数を数える言葉。
何枝可依
いずれのえだにか
  • 何枝可依 … さてどの枝に止まろうとするのであろうか。「依」は、ここでは枝に身を寄せること。枝に止まること。
山不厭高
やまたかきをいとわず
  • 山不厭高 … 山はいくらでも高くなることを嫌がらない。優れた人材をいくらでも求めようとすること。次の句とともに、『管子』形勢解の「海は水を辞せず、故に能く其の大を成す。山は土石を辞せず、故に能く其の高きを成す。明主は人を厭わず、故に能く其のおおきを成す」(海不辭水、故能成其大。山不辭土石、故能成其高。明主不厭人、故能成其眾)を踏まえる。ウィキソース「管子/第64篇形勢解」参照。
海不厭深
うみふかきをいとわず
  • 海不厭深 … 海はいくらでも深くなることを嫌がらない。前の句と同じく、優れた人材をいくらでも求めようとすること。
周公吐哺
しゅうこう きて
  • 周公 … 文王の子。姓は、名はたん。兄の武王を助けて紂王を討った。武王の死後は、その子成王を補佐して周王朝の基礎を固めた。ウィキペディア【周公旦】参照。
  • 吐哺 … 口の中の食べ物を吐き出すこと。「哺」は口の中に含んだ食べ物。周公旦は客を迎えるのに、食事中のときは口の中の食べ物を吐き出し、洗髪中のときは髪を握ったまま面接したという故事から。優れた人材を得るのに熱心なことの喩え。『韓詩外伝』巻三に「吾の天下に於ける、亦たかろからず。然れども一沐いちもくに三たび髪を握り、一飯に三たびくも、猶お天下の士を失わんことを恐る」(吾於天下、亦不輕矣。然一沐三握髮、一飯三吐哺、猶恐失天下之士)とある。ウィキソース「韓詩外傳/卷第3」参照。
天下歸心
てん こころ
  • 天下 … 天下の人々。
  • 帰心 … 心を寄せる。心から従う。心から帰順する。信服する。『論語』堯曰第二十1に「てんたみこころす」(天下之民歸心焉)とある。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行