>   漢詩   >   歴代詩選:魏   >   詠懐詩八十二首 其一(阮籍)

詠懐詩八十二首 其一(阮籍)

詠懷詩八十二首 其一
詠懐えいかいはちじゅうしゅ いち
げんせき
  • 〔出典〕 『先秦漢魏晋南北朝詩』魏詩巻十、『古詩源』巻六 魏詩、『古詩賞析』巻十 魏詩、『六臣註文選』巻二十三(『四部叢刊 初編集部』所収)、他
  • 五言古詩。琴・襟・林・心(平声侵韻)。
  • ウィキソース「詠懷詩 (夜中不能寐)」「詠懷詩五言八十二首」参照。
  • 詠懐詩 … おもいをうたう。胸中に思っている事柄をうたう詩。
  • 阮籍 … 210~63。三国時代、魏の文学者、思想家。陳留郡尉氏県(河南省開封市)の人。あざなは嗣宗。嵆康けいこうとともに「竹林の七賢」の中心的人物。また、父のげんは「建安七子」の一人であった。老荘思想を好み、酒と琴をこよなく愛し、清談にふけった。魏から晋への政権交代の不安定な時期、司馬氏に仕えたが、酒に酔って奇行を重ね、政争から身を避けた。ウィキペディア【阮籍】参照。
夜中不能寐
ちゅう ぬるあたわず
  • 夜中 … 夜中まで。夜半。
  • 不能寐 … 眠ることができない。寝つかれない。「寐」は眠る。寝る。
起坐彈鳴琴
起坐きざして鳴琴めいきんだん
  • 起坐 … 起き上がって座ること。
  • 鳴琴 … 琴。
  • 弾 … 弾き鳴らす。
薄帷鑑明月
はく明月めいげつ
  • 薄帷 … 寝床の薄いとばり。薄いカーテン。
  • 鑑 … 照らす。「照」と同じ。「鑒」に作るテキストもある。「鑑」の異体字。
清風吹我襟
清風せいふう えり
  • 清風 … 清々すがすがしい風。さわやかな風。
  • 襟 … 『六臣註文選』(『四部叢刊 初編集部』所収)では「衿」に作る。
孤鴻號外野
こう がいさけ
  • 孤鴻 … 群れを離れてしまった一羽のおおとり。
  • 外野 … 遠い野原。
  • 号 … 大声で鳴くこと。
翔鳥鳴北林
翔鳥しょうちょう 北林ほくりん
  • 翔鳥 … 空高く飛んでいる鳥。「さくちょう」に作るテキストもある。「朔鳥」は北方から渡ってきた鳥。
  • 北林 … 北の林。
徘徊將何見
徘徊はいかいしてなにをか
  • 徘徊 … さまよい歩く。
  • 将 … 「はた」と読み、「そもそも」「いったい」と訳す。
  • 何見 … 何を見ようとするのか、何も見ることができない。反語。
憂思獨傷心
ゆうしてひとこころいたましむ
  • 憂思 … 心配する心。憂いに満ちた思い。
  • 独傷心 … 自分の心を苦しめるばかりだ。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行