>   漢詩   >   歴代詩選:魏   >   七哀詩三首 其一(王粲)

七哀詩三首 其一(王粲)

七哀詩三首 其一
しちあい三首さんしゅ いち
おうさん
  • 〔出典〕 『先秦漢魏晋南北朝詩』魏詩巻二、『古詩源』巻六 魏詩、『古詩賞析』巻九 魏詩、『六臣註文選』巻二十三(『四部叢刊 初編集部』所収)、他
  • 五言古詩。患・蠻・攀(平声刪韻)、原(平声元韻)、間・還(平声刪韻)、完(平声寒韻)、言(平声元韻)、安・肝(平声寒韻)通押。
  • ウィキソース「七哀詩 (王粲)」参照。
  • 七哀 … 七種類の哀しみ。または、いろいろな悲しみ。
  • 三首 … 『六臣註文選』巻二十三(『四部叢刊 初編集部』所収)には第一首と第二首(荊蠻非我郷……)が収録されており、第三首(邊城使心悲……)は『古文苑』巻八(『四部叢刊 初編集部』所収)に収録されている。
  • 王粲 … 177~217。三国時代、魏の文学者、詩人。山陽郡高平(山東省)の人。建安七子の第一人者。あざなちゅうせん。曹操に仕え、侍中となった。その詩と賦は哀愁を帯びている。ウィキペディア【王粲】参照。
西京亂無象
西京せいけい みだれてみち
  • 西京 … 西の都長安を指す。東京とうけい洛陽に対する言い方。
  • 象 … 道。法。秩序。
豺虎方遘患
さい まさわざわいかま
  • 豺虎 … 山犬と虎。粗暴で残酷な悪人に喩える。ここでは董卓とうたくの死後、覇権を争った軍閥のかくかくらを指す。
  • 方 … ちょうど。
  • 遘患 … 戦乱などの災いをなすこと。
復棄中國去
ちゅうごくてて
  • 復棄 … 「復」は「また」と読み、「もう一度」「再び」と訳す。ちなみに「亦」は「~(も)また」と読み、「~も同様に」と訳す。「又」も「また」と読み、「さらにまた」「その上にまた」「またもや」と訳す。ここでは、作者が最初に洛陽を棄てて長安に移り、再び長安から荊州(現在の湖北省)へ移ったことを指す。
  • 中国 … 中原の地。都がある地方。黄河中流域の長安から洛陽の辺り。
遠身適荊蠻
とおざけて荊蛮けいばん
  • 遠身 … 遠くへ身を寄せる。遠くへ避難する。『古詩源』『古詩賞析』では「委身」に作る。
  • 荊蠻 … 南蛮荊州(現在の湖北省)の地。
  • 適 … 行く。
親戚對我悲
親戚しんせき われむかいてかなしみ
  • 対我 … 私と向き合って。私を前にして。
朋友相追攀
朋友ほうゆう あい追攀ついはん
  • 朋友 … 友人。
  • 相 … ここでは「互いに」という意味ではなく、動作に対象があることを示す言葉。
  • 追攀 … 追いすがって別れを惜しむ。
出門無所見
もんずればところ
  • 出門 … 城門を出れば。
  • 無所見 … 荒れ果てて見渡す限り何もない。
白骨蔽平原
白骨はっこつ 平原へいげんおお
  • 白骨蔽平原 … 戦禍で犠牲になった人々の白骨が平野を埋め尽くしている。
路有飢婦人
みちえたるじん
  • 路 … 道端に。
抱子棄草間
いだきて草間そうかん
  • 抱子 … 子どもを抱いていたが。
  • 棄草間 … 草むらに棄てた。
顧聞號泣聲
かえりみてごうきゅうこえくも
  • 顧 … 振り返って。
揮涕獨不還
なみだふるいてひとかえらず
  • 揮涕 … 涙をぬぐいながらも。「涕」は涙。「揮」は手でぬぐう。
  • 独不還 … 我が子のもとへ決して戻ることはしない。
未知身死處
いまするところらず
  • 未 … 「いまだ~(せ)ず」と読み、「まだ~しない」と訳す。再読文字。
  • 未知身死処 … まだ私自身がどこで死ぬかわからないのに。
何能兩相完
なんふたつながらあいまったからん
  • 何能 … どうして~できようか(いや、できない)。反語。
  • 両 … 「ふたつながら」と読む。二人とも。
  • 完 … 無事に生き延びること。
驅馬棄之去
うまってこれ
  • 駆馬 … 馬に鞭をあてて走らせる。
  • 棄之去 … その婦人と子を見捨てて立ち去った。「之」は、その母子。
不忍聽此言
げんくにしのびず
  • 此言 … 婦人の言葉。
  • 聴 … 耳を向けてきく。耳を傾ける。
  • 不忍 … 忍びない。耐えない。
南登霸陵岸
みなみのかたりょうきしのぼ
  • 南 … 「みなみのかた」と読み、「南に向かって」「また南のほうで」と訳す。
  • 覇陵 … 前漢の文帝(在位前180~前157)の陵墓。今の陝西省西安市の東にあり、傍らをすいが流れている。ウィキペディア【文帝 (漢)】参照。
  • 岸 … 高台。水ぎわの意ではない。
迴首望長安
こうべめぐらしてちょうあんのぞ
  • 迴首 … 振り返って。振り向いて。『古詩源』『古詩賞析』では「回」に作る。同義。
  • 望長安 … 遥か長安の方を眺める。
悟彼下泉人
さとる せんひと
  • 悟 … わかる。
  • 下泉人 … 『詩経』国風・曹風にある「下泉」の作者の気持ち。「下泉」は悪政に苦しむ民衆が周王室の善政を慕う詩。ウィキソース「詩經/下泉」参照。
喟然傷心肝
ぜんとして心肝しんかんいたましむるを
  • 喟然 … ため息をつくさま。嘆息するさま。
  • 傷心肝 … 心を痛める。「心肝」は心臓と肝臓。転じて、心。心の底。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行