>   漢詩   >   歴代詩選:魏   >   七歩詩(曹植)

七歩詩(曹植)

七步詩
しち
(伝)そうしょく     
  • 〔出典〕 『先秦漢魏晋南北朝詩』魏詩巻七、『古詩源』巻五 魏詩、『古詩賞析』巻九 魏詩、『世説新語』文学第四、他
  • 五言古詩。汁・泣・急(入声緝韻)。
  • ウィキソース「七步詩」参照。
  • 魏の文帝(そう)が、才能あふれる弟の曹植をねたみ、「七歩歩くうちに詩を作れ。できなければ厳罰に処する」と命じた。これに対し、曹植はすぐに詩を作ったという。この詩はそのときに作ったもの。ここから、優れた詩を素早く作れる才能のことを「七歩の才」という。ただし、この詩は曹植の詩文集である『曹子建集』に収められておらず、偽作説が有力である。
  • 曹植 … 「そうち」とも。192~232。三国時代、魏の武帝(曹操)の五男。あざなは子建。陳王に封ぜられたので、ちん王とも呼ばれる。思はおくりな。詩文に優れた。詩文集『曹子建集』がある。ウィキペディア【曹植】参照。
煮豆持作羹
まめもっあつもの
  • 持 … 「以」と同じ。
  • 羹 … あつもの。魚・鳥の肉や野菜を入れた熱い吸い物。
漉豉以爲汁
してもっしる
  • 豉 … 豆を煮たり蒸したりして発酵させたもの。みそや納豆の類。「」の訓読みは、みそ。『世説新語』(『四部叢刊 初編子部』所収)では「しゅく」に作る。「菽」の訓読みは、まめ。
  • 漉 … こす。濾過ろかする。
萁在釜下然
まめがらかましたりて
  • 萁 … 豆がら。豆の実を取り出したあとの、さや・茎など。自分に難題を持ちかけて苦しめる兄の曹丕に喩える。
  • 然 … 燃える。『世説新語』(『四部叢刊 初編子部』所収)では「燃」に作る。同義。
豆在釜中泣
まめかまなかりて
  • 豆 … 曹植に喩える。
本自同根生
もと 同根どうこんよりしょうずるに
  • 本 … もともとは。本来は。
  • 自 … 「より」と読み、「~から」と訳す。返読文字。時間・場所などの起点を示す。『古詩源』『古詩賞析』では「是」に作る。
  • 同根生 … 「同根」は「根を同じくして」と読んでもよい。豆もまめがらも、同じ根から生まれたものだ。私と兄さんとは兄弟だ、ということの喩え。曹丕は同母兄。
相煎何太急
あいることなんはなはきゅうなる
  • 相 … ここでは「互いに」という意味ではなく、動作に相手があるときにつける言葉。
  • 煎 … まめがらが豆を煮ること。曹丕が曹植をいじめることの喩え。
  • 何 … 「なんぞ」と読み、「どうして~か」と訳す。疑問形。
  • 太 … ひどく。あまりにも~しすぎる。
  • 急 … 激しい。厳しい。むごい。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行