>   漢詩   >   歴代詩選:盛唐   >   少年行(李白)

少年行(李白)

少年行
しょうねんこう
はく
  • 〔出典〕 『全唐詩』巻24・巻165、『文苑英華』巻194、他
  • 七言絶句。東・風・中(平声東韻)。
  • ウィキソース「少年行 (李白)」参照。
  • 少年行 … 楽府題。「行」は長い歌の意。『全唐詩』巻24では「少年行三首 其二」、『全唐詩』巻165では「少年行二首 其二」に作る。『文苑英華』巻194では「少年行三首 其三」に作る。
  • 李白 … 701~762。盛唐の詩人。あざなは太白。杜甫と並び称される大詩人で「詩仙」といわれている。ウィキペディア【李白】参照。
五陵年少金市東
りょう年少ねんしょう きんひがし
  • 五陵年少 … 五陵付近に住む若者。五陵は前漢の高祖(長陵)・恵帝(安陵)・景帝(陽陵)・武帝(茂陵)・昭帝(平陵)の陵墓。この付近には富裕層が住んでいた。年少は若者、青年。
  • 金市 … 「洛陽の金市」、「長安西市の美称」など、諸説ある。
銀鞍白馬度春風
銀鞍ぎんあん はく しゅんぷうわた
  • 銀鞍 … 銀で飾ったくら
  • 度春風 … 春風の中をさっそうと通り過ぎる。
落花踏盡遊何處
らっくして いずれのところにかあそ
  • 何処 … 「いずこ」とも読む。
笑入胡姫酒肆中
わらってる 胡姫こき しゅうち
  • 胡姫 … 西域の女。
  • 酒肆 … 酒場。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行