>   論語   >   子張第十九   >   13

子張第十九 13 子夏曰仕而優則學章

484(19-13)
子夏曰。仕而優則學。學而優則仕。
子夏しかわく、つかえてゆうなればすなわまなび、まなびてゆうなればすなわつかう。
  • 子夏 … 姓はぼく、名は商、あざなは子夏。孔子より44歳年少。孔門十哲のひとり。「文学には子游・子夏」といわれ、子游とともに文章・学問に優れていた。ウィキペディア【子夏】参照。
  • 仕 … 役人としてつかえること。仕官する。官途に就く。
  • 優 … 余力があること。余裕があること。
  • 仕而優則学 … 『集解』に引く馬融の注には「おこないて余力よりょくらば、すなわもっぶんまなべ」(行有餘力、則以學文)とある。これは「学而第一6」の引用。
  • 『集注』には「優は、余力有るなり。仕と学とは、理同じくして事異なる。故に其の事に当たる者は、必ず先ず以て其の事を尽くすこと有りて、而る後に其の余に及ぶべし。然れども仕えて学べば、則ち其の仕に資する所以の者益〻深し。学びて仕うれば、則ち其の学を験する所以の者益〻広し」(優、有餘力也。仕與學理同而事異。故當其事者、必先有以盡其事、而後可及其餘。然仕而學、則所以資其仕者益深。學而仕、則所以驗其學者益廣)とある。
  • 伊藤仁斎は「故に仕えて能く其の事をゆたかにせば、則ち未だ必ず学ばずと雖も然れども学の理に違わず。学びて能く人に及べば、則ち未だ必ず仕えずと雖も、亦た仕の道に戻らず」(故仕而能裕其事、則雖未必學然不違乎學之理。學而能及乎人、則雖未必仕、亦不戻於仕之道)と言っている。『論語古義』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 荻生徂徠は「朱註之を尽くせり。優は余力有るなり。言うこころは仕えてかん成れば、そう有りと雖も、亦た優に為す所、是れ余力有り、以て学ぶべし。学んでぎょう成れば、未だ成らざる者有りと雖も、亦た歳月の能くうべきに非らざれば、則ち以て仕うべしと。仁斎乃ち是れ亦た政をるなりを引きて曰く、仕うれば必ずしも学ばず、学べば必ずしも仕えずと。真に乱道するかな」(朱註盡之矣。優有餘力也。言仕而宦成。雖有曹事。亦所優爲。是有餘力。可以學焉。學而業成。雖有未成者。亦非歳月之可能卒。則可以仕焉。仁齋乃引是亦爲政而曰。仕不必學。學不必仕。眞亂道哉)と言っている。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 穂積重遠しげとお(1883~1951)は前半と後半とを入れ替え、「子夏の言うよう、学問が十分に進んで余力ができたらはじめて仕官すべきである。そして仕官した以上全力をやくきにそそぐべきは当然だが、しかし余力があったら学をはいすることなく絶えず勉強して、とくを増進し人物を大成たいせいすべきである。ところが仕官をすると学問をほうしてしまうのがかんの通例で、それははなはよろしくない」と訳している(新訳論語)。
  • 下村湖人(1884~1955)は「子夏がいった。仕えて余力があったら学問にはげむがいい。学問をして余力があったら、出でて仕えるがいい」と訳している(現代訳論語)。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十