>   論語   >   憲問第十四   >   40

憲問第十四 40 子曰作者七人矣章

372(14-40)
子曰、作者七人矣。
いわく、もの七人しちにんなり。
現代語訳
  • 先生 ――「立ち去ったものが、もう七人もある。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がいわれた。――
    「立ちあがったものが、七人だ」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 作 … 起ち上がる。ここでは隠遁する。
補説
  • 作者 … 『集解』に「作は、すなり」(作、爲也)とある。『集注』に「作は、起つなり。言うこころは起ちて隠れ去る者、今七人なり」(作、起也。言起而隱去者、今七人矣)とあり、「起ち上がって逃避した者」「隠遁した者」と解釈している。これに対し、荻生徂徠は「作者を之れ聖と謂い、述者を之れ明と謂う」(作者之謂聖。述者之謂明)と言い、「統治の道を創作した聖人」と解釈している。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 七人 … 『集解』では、七人は隠士たち、ちょう桀溺けつできじょうじん石門せきもん荷蕢かき封人ほうじんきょうせつ輿であると言っている(為之者凡七人、謂長沮、桀溺、丈人、石門、荷蕢、儀封人、楚狂接輿)。『集注』では、七人は不明とし、「其の誰何たれたるかを知るべからず。必ず其の人を求めて以て之を実にするは、則ちさくなり」(不可知其誰何。必求其人以實之、則鑿矣)と言う。荻生徂徠は「七人とは、堯・舜・禹・湯・文・武・周公なり」(七人者。堯舜禹湯文武周公也)と言う。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十