>   論語   >   季氏第十六   >   9

季氏第十六 9 孔子曰生而知之者上也章

429(16-09)
孔子曰、生而知之者上也。學而知之者次也。困而學之又其次也。困而不學、民斯爲下矣。
こういわく、まれながらにしてこれものじょうなり。まなびてこれものつぎなり。くるしみてこれまなぶはまたつぎなり。くるしみてまなばざるは、たみにしてこれす。
現代語訳
  • 孔先生 ――「生れつきよくわかる人は、上等だ。勉強すればよくわかる人は、そのつぎだ。こまってから勉強するのは、またそのつぎだ。こまっても勉強しないような、そんな人は下等なんだ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がいわれた。――
    「生れながらにして自然に知るものは上の人である。学んで容易に知るものはその次である。才足らず苦しんで学ぶものは、またその次である。才足らざるに苦しんで学ぶことさえしないもの、これが下の人で、いかんともしがたい」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 生 … 「まれながらにして」と訓読する。
  • 之 … 道理。人の道。
  • 上 … 最上の人物。
  • 困 … 困難にぶつかって。苦境に立たされて。
補説
  • 民 … 宮崎市定は「斯爲下のは誤であって、これをに改めると、斯爲下、これが最低である、となって文勢も意味もよく疏通する」と言う。詳しくは『論語の新研究』84頁以下参照。
  • 下 … 最下等の人物。荻生徂徠は「下は下愚を謂うなり」(下謂下愚也)と言う。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十