>   論語   >   述而第七   >   27

論語 述而第七 27

07-27 子曰。蓋有不知而作之者。我無是也。多聞擇其善者而從之。多見而識之。知之次也。
いわく、けだらずしてこれつくものらん。われきなり。おおきてものえらびてこれしたがい、おおこれしるすは、るのつぎなり。
  • 蓋 … 思うに。
  • 不知而作之 … よく知りもせず、新説を立てる。「知」は知性のはたらき。「作」は創作。「之」は具体的にさすものはない。宮崎市定は「不知而作は恐らく古語の引用であろう」といっている(論語の新研究)。
  • 是 … 「不知而作之」という傾向を指す。
  • 従之 … それに従う。「之」は他人の意見の中の優れたもの。
  • 識之 … 「識」は記憶する。新注には「識は、記すなり」(識、記也)とある。「之」は経験したこと。
  • 知之 … 「知」は知性ある人間。四部叢刊初篇所収正平本には「之」の字なし。
  • 多見而識之。知之次也 … 宮崎市定は「識之知之も恐らく古語の引用であろう」といっている。また、「識之」では句を切らず「知之」で切り、「多く見てこれを識りこれを知るは次なり」(多見而識之知之。次也)と読んでいる。詳しい解説については『論語の新研究』113頁参照。
  • 宮崎市定は「子曰く、ことによれば世上には、古語にあるように、自覚せずしてしかも立派な成績を挙げている者があるかも知れない。しかし私はそれとは違う。私は先輩の教えを方々聞いてまわって、その中の善い者を選んでそれを真似るのである。その次の方法は、多く自分の目で見てあるいて、心にそれと悟るのである」と訳している(論語の新研究)。
  • 下村湖人(1884~1955)は「先師がいわれた。無知で我流の新説を立てる者もあるらしいが、私は絶対にそんなことはしない。私はなるべく多くの人の考えを聞いて取捨選択し、なるべく多く実際を見てそれを心にとめておき、判断の材料にするようにつとめている。むろん、それではまだ真知とはいえないだろう。しかし、それが真知にいたるみちなのだ」と訳している(現代訳論語)。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十