>   論語   >   陽貨第十七   >   3

陽貨第十七 3 子曰唯上知與下愚不移章

437(17-03)
子曰、唯上知與下愚不移。
いわく、じょう下愚かぐとはうつらず。
現代語訳
  • 先生 ――「ずばぬけた人と大ノロマだけは、どうにもならぬ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 孔子様がおっしゃるよう、「人は習いによって賢とも愚とも移り変るが、ただ最上級の賢人と最下級の愚者とだけは、かれは、『生れながらにして知る者』であり、これは『くるしみて学ばざる者』であるから、移りようがない。」(穂積重遠しげとお『新訳論語』)
  • 先師がいわれた。――
    「最上位の賢者と、最下位の愚者だけは、永久に変らない」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 上知 … 生まれながらに道理を知っているすぐれた人。上智。
  • 下愚 … 困窮しても学ぼうとしない愚かな人。
  • 不移 … 変わりようがない。
補説
  • この章は、前章(陽貨第十七2)に続けて一章であったものが、誤って「子曰」が挟まり別章になったという説がある。『集注』に「或ひと曰く、此れ上章と当に合して一と為すべし。子曰の二字、蓋し衍文えんぶんなるのみ、と」(或曰、此與上章當合爲一。子曰二字、蓋衍文耳)とある。「衍文えんぶん」とは、文章の中に誤って混入した余計な文のこと。伊藤仁斎も「或ひと曰く、下の子曰の二字は衍文えんぶん、今之に従う」(或曰、下子曰二字衍文、今從之)と言う。『論語古義』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 下愚 … 荻生徂徠は「下愚は民を謂うなり。下愚の人は移ること能わざれば、則ち以て民と為して、これを士にのぼさざるなり」(下愚謂民也。下愚之人不能移。則以爲民。而不升諸士也)と言う。『論語徴』(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
  • 『集解』に引く孔安国の注に「上知は悪を為さしむべからず、下愚は強いて賢たらしむべからず」(上知不可使爲惡、下愚不可使強賢)とある。
  • 『集注』に「此れ上章を承けて言う。人の気質あい近きの中、又た美悪一定して、習の能く移す所に非ざる者有り」(此承上章而言。人之氣質相近之中、又有美惡一定、而非習之所能移者)とある。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十