>   論語   >   里仁第四   >   1

里仁第四 1 子曰里仁爲美章

067(04-01)
子曰。里仁爲美。擇不處仁。焉得知。
いわく、じんなるをしとす。えらんでじんらずんば、いずくんぞなるをん。
現代語訳
  • 先生 ――「住むのは気ごころ。住みあてないのは、チエ者でない。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がいわれた。――
    「隣保生活には何よりも親切心が第一である。親切気のないところに居所をえらぶのは、賢明だとはいえない」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 里仁為美 … 「里」は二十五軒の家からなる集落。「じんなるをしと」とも訓読する。「村落は仁徳のある人が多く住んでいるところがよい」というような意味になる。また、荻生徂徠の説では「里仁為美」は古言であるとする。「里」を「居」と解し、「仁にるをす」と読み、「仁の徳を行動の拠り所とするのが美しくよいことだ」と解釈している(論語徴)。宮崎市定も「里仁為美」を古典の中の句であるとし、「家を求めるには人気のよい里がいちばんだ、という古語がある。どんなに骨を折って探しても、人気の悪い場所に当ったら、それは選択を誤ったと言うべきだ」と訳している(論語の新研究)。
  • 択不処仁。焉得知 … 『集解』『集注』ともに「住居を選んで仁者の里に住まなければ知者ではない」と解釈している。荻生徂徠はこの説を否定し、「人が行動の立場を仁にかなければ知者ではない」と抽象的に解釈している。
  • 知 … 『義疏』では「智」に作る。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十