>   故事成語   >   や行   >   病膏肓に入る

病膏肓に入る

やまい膏肓こうこう
  • 出典:『春秋左氏伝』成公十年
  • 解釈:病気が重くなって、なおる見込みがなくなること。
晉侯夢。大厲被髮及地、搏膺而踊。曰、殺余孫、不義。余得請於帝矣。壞大門及寢門而入。公懼入于室。又壞戸。
晋侯しんこうゆめみる。大厲たいれいはつこうむりておよび、むねちておどる。いわく、まごころすは、不義ふぎなり。ていうことをたり、と。大門たいもん寝門しんもんとをやぶりてる。こうおそれてしつる。またやぶる。
  • 晋侯 … 晋の景公。
  • 大厲 … 大柄な幽霊。
  • 膺 … 胸。
  • 搏 … 打つ。叩く。
  • 大門 … 表門。
  • 及 … 「~と…」と訓読する。並列の意を示す。
  • 寝門 … 中門。
公覺。召桑田巫。巫言如夢。公曰、何如。曰、不食新矣。
こうむ。桑田そうでんす。げんゆめごとし。こういわく、何如いかん、と。いわく、しんらわず、と。
  • 巫 … 占い師。
公疾病。求醫于秦。秦伯使醫緩爲之。未至。公夢。疾爲二竪子曰、彼良醫也。懼傷我。焉逃之。其一曰、居肓之上、膏之下、若我何。醫至。曰、疾不可爲也。在肓之上、膏之下。攻之不可。達之不及。藥不至焉。不可爲也。公曰、良醫也。厚爲之禮而歸之。
こうやまいへいなり。しんもとむ。秦伯しんぱくかんをしてこれおさめしむ。いまいたらず。こうゆめみる。やまい竪子じゅしりていわく、かれ良医りょういなり。おそらくはわれきずつけん。いずくにかこれのがれん、と。いちいわく、こううえこうしたらば、われ若何いかんせん、と。いたる。いわく、やまいおさからず。こううえこうしたり。これむるもならず。これたっせんとするもおよばず。くすりいたらず。おさからず。こういわく、良医りょういなり、と。あつこれれいしてこれかえす。
  • 秦伯 … 秦の桓公。
  • 竪子 … 子ども。
  • 肓 … 横隔膜の上のかくれた部分。
  • 膏 … 白いあぶら肉のある心臓の下部。
六月丙午、晉侯欲麥。使甸人獻麥。饋人爲之。召桑田巫、示而殺之、將食。張。如厠。陷而卒。
六月ろくがつ丙午へいご晋侯しんこうむぎほっす。甸人でんじんをしてむぎけんぜしむ。饋人きじんこれおさむ。桑田そうでんし、しめしてこれころし、まさしょくせんとす。る。かわやく。おちいりてしゅつす。
  • 甸人 … 畑を管理する役人。
  • 饋人 … 料理担当の役人。
  • 卒 … 亡くなる。
小臣有晨夢負公以登天。及日中、負晉侯出諸厠、遂以爲殉。
小臣しょうしんあしたこういてもってんのぼるをゆめみるり。ちゅうするにおよび、晋侯しんこういてこれかわやよりだし、ついもっじゅんとせらる。
  • 晨 … 朝。
  • 殉とせらる … 殉死を許された。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ