>   故事成語   >   ま行   >   先ず隗より始めよ

先ず隗より始めよ

かいよりはじめよ
  • 出典:『戦国策』燕策、『十八史略』春秋戦国・燕
  • 解釈:事を始めるには、手近なことから始めよ。転じて、言い出した人からまず始めよ。
〔十八史略、春秋戦国、燕〕
燕人立太子平爲君。是爲昭王。弔死問生、卑辭厚幣、以招賢者。問郭隗曰、齊因孤之國亂而襲破燕。孤極知燕小不足以報。誠得賢士、與共國、以雪先王之恥、孤之願也。先生視可者。得身事之。
燕人えんひと太子たいしへいててきみす。これ昭王しょうおうす。とぶらせいい、ひくくしへいあつくし、もっ賢者けんじゃまねく。郭隗かくかいいていわく、せいくにみだるるにりておそいてえんやぶる。きわめてえんしょうにしてもっむくゆるにらざるをる。まこと賢士けんして、くにともともにし、もっ先王せんおうはじすすがんこと、ながいなり。先生せんせいなるものしめせ。これつかうるをん、と。
  • 太子平 … 後の燕の昭王。
  • 辞 … 言葉。
  • 幣 … 進物。
  • 郭隗 … 燕の大臣。
  • 孤 … 王侯の謙称。
隗曰、古之君、有以千金使涓人求千里馬者。買死馬骨五百金而返。君怒。涓人曰、死馬且買之。況生者乎。馬今至矣。不期年、千里馬至者三。今、王必欲致士、先從隗始。況賢於隗者、豈遠千里哉。於是昭王爲隗改築宮、師事之。於是士爭趨燕。
かいいわく、いにしえきみ千金せんきんもっ涓人けんじんをして千里せんりうまもとめしめしものり。死馬しばほね五百金ごひゃくきんいてかえる。きみいかる。涓人けんじんいわく、死馬しばすらこれう。いわんやけるものをや。うまいまいたらん、と。期年きねんならずして、千里せんりうまいたものさんあり。いまおうかならいたさんとほっせば、かいよりはじめよ。いわんやかいよりけんなるもの千里せんりとおしとせんや、と。ここおい昭王しょうおうかいためあらためてきゅうきずき、これ師事しじす。ここおいあらそいてえんおもむく。
  • 涓人 … 官名。宮中の清掃や雑用をする小役。
  • 期年 … まる一年。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ