>   故事成語   >   た行   >   蟷螂の斧

蟷螂の斧

蟷螂とうろうおの
  • 出典:『淮南子』人間訓、『韓詩外伝』巻八
  • 解釈:弱い者が、自分の力を考えずに強い相手にたち向かうことのたとえ。
〔淮南子、人間訓〕
齊莊公出獵。有一蟲、擧足將搏其輪。問其御曰、此何蟲也。對曰、此所謂螳螂者也。其爲蟲也、知進而不知却、不量力而輕敵。莊公曰、此爲人而必爲天下勇武矣。廻車而避之。
せい荘公そうこうでてりょうす。一虫いっちゅうり、あしげてまさりんたんとす。ぎょいていわく、なんむしぞや、と。こたえていわく、所謂いわゆる螳螂とうろうなるものなり。むしるや、すすむをりてしりぞくをらず、ちからはからずしててきかろんず、と。荘公そうこういわく、ひとらばかなら天下てんか勇武ゆうぶらん、と。くるまめぐらしてこれく。
  • 荘公 … 春秋時代、在位前553~548年。
  • 御 … 御者。
  • 螳螂 … かまきり。蟷が正字。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ