>   故事成語   >   ら行・わ   >   壟断

壟断

壟断ろうだん
  • 出典:『孟子』公孫丑下
  • 解釈:利益・権利などをひとりじめにすること。
古之爲市也、以其所有、易其所無者。有司者治之耳。有賤丈夫焉。必求龍斷而登之、以左右望而罔市利。
いにしえいちすや、ところもって、ところものう。有司者ゆうししゃこれおさむるのみ。賤丈夫せんじょうふり。かなら竜断ろうだんもとめてこれのぼり、もっ左右さゆうぼうして市利しりあみせり。
  • 有司者 … ここでは市場を取り締まる役人。
  • 賤丈夫 … 品性の劣っている男。
  • 竜断 … 小高い丘の切り立っている所。龍(竜)は壟に同じ。
  • 市利を罔せり … 市場の利益をすっかり独占すること。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ