>   故事成語   >   か行   >   漁夫の利

漁夫の利

漁夫ぎょふ
  • 出典:『戦国策』燕策
  • 解釈:両者が争っているすきに、第三者が利益を横取りすること。「漁父の利」とも。
趙且伐燕。蘇代爲燕謂惠王曰、今者臣來過易水。蚌方出曝。而鷸啄其肉。蚌合而箝其喙。
ちょうまさえんたんとす。蘇代そだいえんため恵王けいおういていわく、今者いましんたるとき易水えきすいぐ。ぼうまさでてさらす。しこうしていつにくついばむ。ぼうわせてくちばしつぐむ。
  • 蘇代 … 戦国時代の縦横家。蘇秦の弟。
  • 恵王 … 趙の君主。
  • 易水 … 河北省を流れる川。
  • 蚌 … はまぐり。
  • 鷸 … しぎ。
鷸曰、今日不雨、明日不雨、即有死蚌。蚌亦謂鷸曰、今日不出、明日不出、即有死鷸。兩者不肯相舍。漁者得而幷擒之。
いついわく、今日こんにちあめふらず、明日みょうにちあめふらずんば、すなわ死蚌しぼうらん、と。ぼういついていわく、今日こんにちださず、明日みょうにちださずんば、すなわ死鷸しいつらん、と。両者りょうしゃあいつるをがえんぜず。漁者ぎょしゃこれあわとらえたり。
今趙且伐燕。燕趙久相支、以敝大衆、臣恐強秦之爲漁父也。願王之熟計之也。惠王曰、善。乃止。
いまちょうまさえんたんとす。えんちょうひさしくあいささえて、もっ大衆たいしゅうつからさば、しん強秦きょうしん漁父ぎょほらんことをおそるるなり。ねがわくはおうこれ熟計じゅくけいせんことを、と。恵王けいおういわく、し、と。すなわむ。
  • 強秦 … 強国の秦。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ