>   故事成語   >   か行   >   疑心暗鬼を生ず

疑心暗鬼を生ず

疑心ぎしん暗鬼あんきしょう
  • 出典:『列子』説符の注解(林希逸『沖虚至徳真経鬳斎口義』)
  • 解釈:一度疑い出すと、何でもない事まで信じられなくなり、恐ろしく感じられること。
〔列子、説符〕
人有亡鈇者、意其鄰之子、視其行歩、竊鈇也。顏色竊鈇也。言語竊鈇也。動作態度、無爲而不竊鈇也。俄而抇其谷、而得其鈇、他日復見其鄰人之子、動作態度、無似竊鈇者。
ひとうしなえるものり、となりうたがう。行歩こうほるに、ぬすめるなり。顔色がんしょくぬすめるなり。言語げんごぬすめるなり。作動さくどう態度たいどすとしてぬすまざるはし。にわかにしてたにりて、たり、他日たじつ隣人りんじんるに、動作どうさ態度たいどぬすめるにたるものし。
  • 鈇 … 斧。
  • 意う … 疑う。
  • 谷 … 窪地。
  • 他日 … 後日。
〔鬳斎口義〕
此章猶諺言。諺曰、疑心生暗鬼也。心有所疑、其人雖不竊鈇、而我以疑心視之、則其件件皆可疑。
しょう諺言げんげんのごとし。ことわざいわく、疑心ぎしん暗鬼あんきしょうず、と。こころうたがところれば、ひとぬすまずといえども、われ疑心ぎしんもっこれれば、すなわ件件けんけんうたがし。
  • 諺言 … ことわざ。
  • 諺言 … いろいろな事がらすべて。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ