>   漢詩   >   唐詩選   >   巻七 七言絶句   >   江楼書感(趙嘏)

江楼書感(趙嘏)

江樓書感
江楼こうろうにてかんしょ
ちょう
  • 七言絶句。然・天・年(平声先韻)。
  • 江樓書感 … 『全唐詩』では「江樓舊感」に作り、題下に「一作感懷」とある。
獨上江樓思渺然
ひと江楼こうろうのぼって おも渺然びょうぜんたり
月光如水水連天
月光げっこう みずごとく みず てんつらなる
  • 連 … 『全唐詩』では「如」に作る。
同來翫月人何處
おなじくたってつきもてあそひといずれのところ
  • 翫 … 『全唐詩』では「望」に作り、「一作玩」とある。
  • 處 … 『才調集』(『四部叢刊 初編集部』所収)では「在」に作る。
風景依稀似去年
風景ふうけい依稀いきとして去年きょねんたり
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行