>   漢詩   >   唐詩選   >   巻七 七言絶句   >   九日送別(王之渙)

九日送別(王之渙)

九日送別きゅうじつ送別そうべつ
おうかん     
  • 七言絶句。稀・歸・飛(平声微韻)。
  • 九日 … 九月九日、重陽の節句。ウィキペディア【重陽】参照。
  • 送別 … 友人の旅立ちを送る詩。
  • 王之渙 … 688~742。盛唐の詩人。へいしゅう(山西省太原)の人。あざなりょう。辺境の風物を詠じた辺塞へんさい詩人として有名。ウィキペディア【王之渙】参照。
薊庭蕭瑟故人稀
薊庭けいていしょうしつとしてじんまれなり
  • 薊庭 … けいしゅう(今の天津市薊州区)の地。「庭」は「辺庭」の「庭」と同じく、薊州の地一帯を指す。ウィキペディア【薊州区】参照。
  • 蕭瑟 … 秋風がものさびしく吹くさま。「瑟」は『唐詩紀事』では「索」に作る。
  • 故人 … 古くからの友人。
  • 稀 … ほとんどいない。たまにしかいない。
何處登高且送歸
いずれのところたかきにのぼりてしばらかえるをおくらん
  • 何処 … 「いずれのところか」と読み、「どこか」と訳す。
  • 登高 … 重陽の節句に小高い丘に登って菊酒を飲み、災厄を払う行事。
  • 且 … 「しばらく」と読み、「ひとまず」と訳す。
今日暫同芳菊酒
今日こんにちしばら芳菊ほうぎくさけおなじうするも
  • 暫 … しばらくの間。
  • 芳菊酒 … 香り高い菊の花を浮かべた酒。重陽の節句に飲む慣わしがある。
  • 同 … 酌み交わす。
明朝應作斷蓬飛
明朝みょうちょうまさ断蓬だんぽうってぶべし
  • 明朝 … 明日の朝。
  • 応 … 「まさに~すべし」と読み、「きっと~であろう」と訳す。再読文字。強い推量の意を示す。
  • 断蓬 … 北方のよもぎは冬になって枯れると、根が切れて丸いかたまりとなって、風の吹くままに転がって行く。これを転蓬てんぽうといい、行方の定まらない旅人の身の上に喩えられる。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行