>   唐詩選   >   巻七 七言絶句   >   題長安主人壁(張謂)

題長安主人壁(張謂)

題長安主人壁
ちょうあん主人しゅじんかべだいす)
ちょう     
  • 七言絶句。金・深・心(平声侵韻)。
  • 『全唐詩』巻197所収。ウィキソース「題長安壁主人」参照。
  • 題長安主人壁 … 長安の宿の壁に書きつける詩。『全唐詩』では「題長安壁主人」に作る。
  • 題~壁 … 壁に詩を書きつけること。
  • 主人 … 宿の主人。転じて宿そのものを指す。「作者が寄寓している家のあるじ」と解釈するのは誤り。星川清孝『新訂 歴代中国詩精講』(学燈社、昭和50年)には「主人は旅宿のこと」とし、「長安主人というのは、長安に進士の試験を受けに来ていた張謂の宿泊していた家、旅館のことであろう。初めは厚遇されていたが、試験に落第し、金も無くなると忽ち冷淡に取り扱われたのを憤慨して、この詩を宿の壁に書きつけたのであると伝えられる」とある。
  • この詩は作者の若い頃の作と思われる。人情の軽薄さに憤慨して作った詩である。
  • 張謂 … 721~780?。中唐の詩人。河南省沁陽しんようの人。あざな正言せいげん。大暦六年(771)に礼部侍郎となったが、のちにたん州(湖南省長沙)の刺史に左遷された。ウィキペディア【張謂】参照。
世人結交須黄金
じん まじわりをむすぶに黄金おうごんもち
  • 世人 … 世間の人。
  • 結交 … 交際するのに。
  • 黄金 … 金銭。金の力。
  • 須 … 「もちう」「もちいる」と読み、「~を必要とする」と訳す。
黄金不多交不深
黄金おうごんおおからざれば まじわりふかからず
  • 黄金不多交不深 … 金が多くなければ、交際も深まらない。
縦令然諾暫相許
縱令たとい 然諾ぜんだくしてしばらあいゆるすとも
  • 縱令 … 「たとい~とも」と読み、「たとえ~とも」「たとえ~であるとしても」「万が一~とも」と訳す。逆接の仮定条件の意を示す。「縦」「縦使」「仮令」も同じ。
  • 然諾 … よろしいと引き受けること。承知すること。承諾。
  • 許 … 『唐詩品彙』(『四庫全書 集部』所収)では「與」に作る。
  • 相 … この場合の相は「相互に」という意味ではなく、動作に相手があるときにつける言葉。「相手に対して」の意。
  • 許 … 心を許す。ここでは親しく交際すること。
終是悠悠行路心
つい悠悠ゆうゆうたるこうこころ
  • 終 … 結局は。結局のところ。
  • 悠悠 … はるかに隔たること。ここでは疎遠で無関心な態度を形容する言葉。
  • 行路心 … 道を行く通りすがりの人の気持ち。冷淡で無関心な気持ちをいう。
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
漢詩 詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行