>   漢詩   >   唐詩選   >   巻七 七言絶句   >   送沈子福之江南(王維)

送沈子福之江南(王維)

送沈子福之江南
沈子福ちんしふく江南こうなんくをおく
おう
  • 七言絶句。稀・圻・歸(平声微韻)。
  • 送沈子 … 人物については不明。
  • 江南 … 揚子江の南の地域。
  • 送沈子福之江南 … 『全唐詩』では「送沈子歸江東」に作り、「一作送沈子福之」とある。
  • 王維 … 699?~761。盛唐の詩人、画家。太原(山西省)の人。あざなきつ。開元七(719)年、進士に及第。安禄山の乱で捕らえられたが事なきを得、乱後は粛宗に用いられてしょうじょゆうじょう(書記官長)まで進んだので、王右丞とも呼ばれる。また、仏教に帰依したため、詩仏と称される。『王右丞集』十巻(または六巻)がある。ウィキペディア【王維】参照。
楊柳渡頭行客稀
ようりゅう 渡頭ととう 行客こうかくまれなり
  • 楊柳 … やなぎ。
  • 渡頭 … 渡し場のあたり。
  • 行客 … 旅人。
罟師盪槳向臨圻
罟師こし かいうごかして 臨圻りんぎむか
  • 罟師 … 網を使う漁師。
  • 盪槳 … かいを動かす。舟を漕ぐこと。
  • 臨圻 … 対岸の曲がった岸辺。
唯有相思似春色
相思そうし春色しゅんしょくたる
  • 相思 … 相手を思う心。ここでは作者が沈を心にかけること。男女が互いに恋し合うという一般的な「相思」の意味ではない。
  • 春色 … 春景色。
江南江北送君歸
江南こうなん江北こうほく きみかえるをおく
  • 君 … 『全唐詩』には「一作春」とある。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行