>   漢詩   >   唐詩選   >   巻七 七言絶句   >   与盧員外象過崔処士興宗林亭(王維)

与盧員外象過崔処士興宗林亭(王維)

与盧員外象過崔処士興宗林亭
員外いんがいしょう崔処士さいしょし興宗こうそう林亭りんていぎる
おう
  • 七言絶句。鄰・塵・人(平声真韻)。
  • 盧員外象 … 員外郎の職にあった盧象(700~760?)。盛唐の詩人。
  • 崔処士興宗 … 崔興宗。王維の母方のいとこ。処士は官に仕えない者。
  • 林亭 … 林中の庵。
  • 過ぎる … 立ち寄る。
  • 王維 … 699?~761。盛唐の詩人、画家。太原(山西省)の人。あざなきつ。開元七(719)年、進士に及第。安禄山の乱で捕らえられたが事なきを得、乱後は粛宗に用いられてしょうじょゆうじょう(書記官長)まで進んだので、王右丞とも呼ばれる。また、仏教に帰依したため、詩仏と称される。『王右丞集』十巻(または六巻)がある。ウィキペディア【王維】参照。
綠樹重陰蓋四鄰
りょくじゅ重陰ちょういん 四隣しりんおお
  • 重陰 … 深いかげ。
  • 重 … 『全唐詩』には「一作垂」とある。
  • 四隣 … 四方。
青苔日厚自無塵
青苔せいたい あつくしておのずからちりなし
科頭箕踞長松下
科頭かとうにして箕踞ききょす 長松ちょうしょうもと
  • 科頭 … 冠や頭巾をかぶらず、頭をまるだしにしていること。
  • 箕踞 … 両足を前にのばして坐ること。
  • 松 … 『全唐詩』には「一作林」とある。
白眼看他世上人
白眼はくがんもて世上せじょうひと
  • 他世上 … 『全唐詩』には「一作君是甚」とある。
  • 他世上人 … 世間の俗物ども。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行