>   漢詩   >   唐詩選   >   巻七 七言絶句   >   少年行(王維)

少年行(王維)

少年行
少年行しょうねんこう
おう
  • 七言絶句。郎・陽・香(平声陽韻)。
  • 少年行 … 『全唐詩』では「少年行四首 其二」に作る。
  • 王維 … 699?~761。盛唐の詩人、画家。太原(山西省)の人。あざなきつ。開元七(719)年、進士に及第。安禄山の乱で捕らえられたが事なきを得、乱後は粛宗に用いられてしょうじょゆうじょう(書記官長)まで進んだので、王右丞とも呼ばれる。また、仏教に帰依したため、詩仏と称される。『王右丞集』十巻(または六巻)がある。ウィキペディア【王維】参照。
出身仕漢羽林郎
出身しゅっしん かんつかう 羽林郎うりんろう
  • 出身 … 官職につくこと。
  • 漢 … 漢の朝廷。
  • 羽林郎 … 天子の警護にあたる近衛兵。
初隨驃騎戰漁陽
はじめて驃騎ひょうきしたがって漁陽ぎょようたたか
  • 驃騎 … 漢代の将軍の称号の一つ。驃騎将軍の略。なお、驃騎といえば霍去病かくきょへいを指す。
  • 漁陽 … 地名。今の北京市の東北。
孰知不向邊庭苦
たれらん 辺庭へんていむかってくるしまざるを
  • 辺庭 … 辺境地方。匈奴には南庭と北庭とがあった。
  • 苦 … 『全唐詩』には「一作死」とある。
縱死猶聞俠骨香
たとすともかしめん 俠骨きょうこつかんばしきを
  • 骨 … 俠気の気骨。義俠心のある性質。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行