>   漢詩   >   唐詩選   >   巻三 五言律詩   >   蘇氏別業(祖詠)

蘇氏別業(祖詠)

蘇氏別業
蘇氏そしべつぎょう
えい
  • 五言律詩。心・林・陰・禽(平声侵韻)。
  • 蘇氏 … 誰のことかはまったく不明。
  • 別業 … 別荘。詩中の言葉から終南山付近にあったものと思われる。
  • 祖詠 … 699~746?。盛唐の詩人。洛陽の人。王維とは幼友達。ウィキペディア【祖詠】参照。
別業居幽處
べつぎょう 幽処ゆうしょ
  • 幽処 … 奥深い静かな場所。
到來生隱心
到来とうらいすれば隠心いんしんしょう
  • 到来 … やってくる。
  • 隠心 … 隠遁したいという気持ち。
南山當戸牖
南山なんざん 戸牖こゆうあた
  • 南山 … 終南山。
  • 戸牖 … 戸口と窓。牖は連子れんじ
灃水映園林
灃水ほうすい 園林えんりんえい
  • 灃水 … 終南山のあたりに源を発し、西北に流れて渭水に合流する川。
  • 園林 … 木の茂る庭。
竹覆經冬雪
たけおおわる ふゆゆき
  • 竹 … 『全唐詩』では「屋」に作り、「一作竹」とある。
  • 冬を経し雪 … 冬越しの残雪。
庭昏未夕陰
にわくらし いまゆうべならざるかげりに
寥寥人境外
寥寥りょうりょうたり 人境じんきょうそと
  • 寥寥 … 空虚なさま。
  • 人境 … 人の住んでいる所。人里。陶淵明「飲酒」の詩に「いおりを結んで人境に在り」とあるのと同じ意味。
閒坐聽春禽
かんして春禽しゅんきん
  • 閒坐 … のんびりと坐っていること。閑坐。
  • 春禽 … 春の鳥。禽は鳥。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行