>   その他   >   司馬法   >   仁本第一

司馬法 仁本じんぽん第一

古者以仁爲本、以義治之。之謂正。
いにしえじんもっもとし、もっこれおさむ。これせいう。
  • ウィキソース「司馬法」参照。
  • 正 … 正しい道。正道。
正不獲意則權。權出於戰。不出於中人。
せいざればすなわけんす。けんたたかいよりず。ちゅうじんよりでず。
是故殺人安人、殺之可也。攻其國、愛其民、攻之可也。
ゆえひところしてひとやすんずれば、これころすもなり。くにめて、たみあいせば、これめてなり。
以戰止戰、雖戰可也。故仁見親、義見説、智見恃、勇見方、信見信。
たたかいをもったたかいをとどむれば、たたかうといえどなり。ゆえじんしたしまれ、よろこばれ、たのまれ、ゆうむかわれ、しんしんぜらる。
  • 方 … 底本および『武経本』では「身」に作るが、『直解』に従い改めた。
内得愛焉、所以守也。外得威焉、所以戰也。
うちあいるは、まも所以ゆえんなり。そとるは、たたか所以ゆえんなり。
戦道、不違時、不歴民病、所以愛吾民也。不加喪、不因凶、所以愛夫其民也。
たたかいのみちときたがわず、たみやまいざるは、たみあいする所以ゆえんなり。そうくわえず、きょうらざるは、たみあいする所以ゆえんなり。
冬夏不興師、所以兼愛民也。故国雖大、好戦必亡。
とうおこさざるは、たみ兼愛けんあいする所以ゆえんなり。ゆえくにだいなりといえども、たたかいをこのめばかならほろぶ。
  • 兼愛民 … 『直解』では「兼愛其民」に作る。
天下雖安、忘戦必危。
てんやすしといえども、たたかいをわするればかならあやうし。
天下既平、天子大愷、春蒐秋獮、諸侯春振旅、秋治兵、所以不忘戦也。
てんすでたいらぎ、天子てんしおおいにたのしめども、はるしゅうあきせんし、諸侯しょこうはる振旅しんりょし、あきへいするは、たたかいをわすれざる所以ゆえんなり。
  • 天子 … 底本および『武経本』では「天下」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 蒐 … 底本および『武経本』では「嵬」に作るが、『直解』に従い改めた。
  • 振旅 … 軍を整えて威勢よく帰ること。
古者逐奔、不過百歩。縱綏不過三舎。是以明其禮也。
いにしえはしるをうこと、ひゃっぎず。しりぞくをうこと三舎さんしゃぎず。ここもっれいあきらかにするなり。
  • 三舎 … 軍隊の三日間の行軍距離。約九十里。一舎は三十里。
不窮不能、而哀憐傷病。是以明其仁也。
のうきわめず、傷病しょうびょう哀憐あいりんす。ここもっじんあきらかにするなり。
  • 仁 … 底本および『武経本』では「義」に作るが、『直解』に従い改めた。
成列而皷。是以明其信也。
れつしてす。ここもっしんあきらかにするなり。
爭義不爭利。是以明其義也。
あらそあらそわず。ここもっあきらかにするなり。
又能舎服。是以明其勇也。
またふくするをゆるす。ここもっゆうあきらかにするなり。
知終知始。是以明其智也。
おわりをはじめをる。ここもっあきらかにするなり。
六德以時合教、以爲民紀之道也。自古之政也。
六徳ろくとくときもっわせおしえ、もっみんみちすなり。いにしえよりのまつりごとなり。
  • 六徳 … 人の守るべき六つの徳。礼・仁・信・義・勇・智。
  • 民紀 … 民の守るべき決まり。
先王之治、順天之道、設地之宜、官民之德、而正名治物、立國辨職、以爵分祿。
先王せんのうは、てんみちしたがい、よろしきをもうけ、たみとくかんにして、ただものおさめ、くにしょくべんじ、しゃくもっろくわかつ。
諸侯説懷、海外來服、獄弭而兵寢。聖德之至也。
諸侯しょこうよろこなつき、海外かいがい来服らいふくし、ごくみてへいむ。聖徳せいとくいたりなり。
  • 獄 … 獄訟。訴訟。「獄」は、いがみあって争うこと。
  • 弭 … やめる。
  • 至 … 底本および『武経本』では「治」に作るが、『直解』に従い改めた。
其次賢王、制禮樂法度、乃作五刑、興甲兵、以討不義、巡狩省方、會諸侯考不同。
つぎ賢王けんおうは、礼楽れいがくほうせいし、すなわけいつくり、甲兵こうへいおこし、もっ不義ふぎち、じゅんしゅしてほうせいし、諸侯しょこうかいしてどうかんがう。
  • 法度 … 法律や制度。
  • 省 … 底本および『武経本』では「者」に作るが、『直解』に従い改めた。
其有失命亂常背德、逆天之時、而危有功之君、徧告于諸侯。
めいうしなじょうみだとくそむき、てんときさからいて、有功ゆうこうきみあやうくするものれば、あまね諸侯しょこうぐ。
  • 背 … 『直解』では「悖」に作る。
彰明有罪、乃告于皇天上帝、日月星辰、禱于后土、四海神祇、山川冢社、乃造于先王。
有罪ゆうざいしょうめいし、すなわ皇天こうてんじょうてい日月じつげつ星辰せいしんげ、こうかいしん山川さんせんちょうしゃいのり、すなわ先王せんおういたる。
然後冢宰徴師于諸侯曰、某國爲不道。征之。
しかのちに、ちょうさい諸侯しょこうちょうしていわく、某国ぼうこくどうす。これせいす。
以某年月日、師至于某國、會天子正刑。
某年ぼうねんがっもって、某国ぼうこくいたり、てんかいしてけいただす、と。
冢宰與百官、布令於軍曰、入罪人之地、無暴神祇。
ちょうさいひゃっかんともれいぐんきていわく、罪人ざいにんりて、しんあらすことかれ。
  • 冢宰 … 周代の官名。天子を助け、百官を率いる。今の首相にあたる。大宰たいさいともいう。
無行田獵。無毀土功。無燔牆屋。無伐林木。無取六畜、禾黍、器械。
でんりょうおこなうことかれ。こうこぼつことかれ。しょうおくくことかれ。林木りんぼくることかれ。六畜ろくちくしょかいることかれ。
見其老幼、奉歸勿傷。雖遇壯者、不校勿敵。
老幼ろうようば、ほうしてそこなうことかれ。壮者そうしゃうといえども、こうせずんばてきすることかれ。
敵若傷之、醫藥歸之。既誅有罪、王及諸侯、修正其國、舉賢立明、正復厥職。
てきこれそこなわば、医薬いやくしてこれかえせ、と。すで有罪ゆうざいちゅうせば、王およ諸侯しょこうくにしゅうせいし、けんめいてて、しょく正復せいふくす。
王覇之所以治諸侯者六。以土地形諸侯、以政令平諸侯、以禮信親諸侯、以材力説諸侯、以謀人維諸侯、以兵革服諸侯。
おう諸侯しょこうおさむる所以ゆえんものつあり。土地とちもっ諸侯しょこうかたちし、政令せいれいもっ諸侯しょこうたいらかにし、礼信れいしんもっ諸侯しょこうしたしみ、ざいりょくもっ諸侯しょこうよろこばし、謀人ぼうじんもっ諸侯しょこうつなぎ、兵革へいかくもっ諸侯しょこうふくす。
同患同利、以合諸侯、比小事大、以和諸侯。
うれいをおなじくしおなじくして、もっ諸侯しょこうがっし、しょうだいつかえて、もっ諸侯しょこうす。
會之以發禁者九。
これかいしてもっきんはっするものここのつあり。
憑弱犯寡則眚之。
よわきをしのぎ、すくなきをおかせばすなわこれつみす。
賊賢害民則伐之。
けんそこなたみがいせばすなわこれつ。
暴内陵外則壇之。
うちあらそとしのげばすなわこれせんす。
野荒民散則削之。
たみさんずればすなわこれけずる。
負固不服則侵之。
かたきをたのみてふくせざればすなわこれおかす。
賊殺其親則正之。
しん賊殺ぞくさつすればすなわこれただす。
  • 親 … 親族。
  • 賊殺 … 不当に人を殺すこと。
放弑其君則殘之。
きみほうすればすなわこれざんす。
  • 放弑 … 放殺。君主を追放したり、殺したりすること「放」は、放逐。「弑」は、弑虐。
犯令陵政則杜之。
れいおかまつりごとしのげばすなわこれふさぐ。
外内亂禽獸行則滅之。
外内がいないみだきんじゅうおこないあればすなわこれめっす。
  • 外内 … 国の内部と外部。
仁本第一 天子之義第二
定爵第三 厳位第四
用衆第五