>   その他   >   司馬法

司馬法

 司馬しばほう』について
兵法書。三巻。司馬しば穣苴じょうしょ著。当初は155篇あったが、現存は5篇のみ。けい七書しちしょの一つ。ウィキペディア【司馬法】参照。
 凡例
  • 『司馬法』(『四部叢刊 初篇子部』所収)を底本とし、『武経七書』(『四部叢刊 続篇』所収)及び『司馬法直解』(『漢文大系』冨山房)で対校して、その校異を注記した。
  • 原文は原則として正字体、書き下し文は新字体・現代仮名遣いとした。
  • Unicodeで表示できない漢字は今昔文字鏡24dot画像を使用した。
仁本第一 天子之義第二
定爵第三 厳位第四
用衆第五  
  • 〔国内〕
  • 神田白龍子『孫子・呉子・司馬法・尉繚子』(漢文叢書 第五冊)博文館、1913年
  • 北村佳逸『兵法三略・司馬法』立命館出版部、1935年
  • 『七書・鬼谷子・陸賈新語』(國譯漢文大成 經史子部 第十卷)國民文庫刊行會、1921年
  • 塚本哲三編『七書・鬼谷子』(有朋堂文庫漢文叢書)有朋堂、1919年
  • 守屋洋/守屋淳『司馬法・尉繚子・李衛公問対』(全訳「武経七書」2)プレジデント社、1999年
  • 『漢文大系(十三)列子・七書』冨山房、1912年
  • 〔国外〕
  • 李零译注『司马法译注』(中国兵家经典译注丛书)河北人民出版社、1992年
  • 『握奇經・六韜・司馬法・吴子・尉繚子』(諸子百家叢書)上海古籍出版社、1990年
  • 劉仲平註譯『司馬法今註今譯』臺灣商務印書館、1975年